MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ
HOME >
 

件のお仕事が見つかりました 1ページ目/47ページ

カテゴリ:のお仕事

NEW

パパ活女子からの転職!長期間働いていない場合はどうしたらいい?

ナイトワークを経験し、保有するお客様の中からパパを探す・・・。このやり方は昔からあったものの、“パパ活”が流行してからはさらに著しく増えたと思います。 ずっと毎日出勤をするよりもお店で使ってもらった分を直接もらった方がい […]

NEW

将来のことを考えると疲れる→考えるのをやめる、を繰り返しているあなたへ

年齢や環境の変化とともに出てくる焦り。「そろそろ夜職を上がるべきかな?」「同期で残されたのは私だけ。後はみんな卒業していっちゃった」など、各々で思うことはたくさんあるでしょう。 しかしながら将来のことを見据えるというのも […]

フリーランスで働くための準備、何から始めたらいいの?

「フリーランスとして働いている」と聞けばカッコよく聞こえますし、会社員よりも自由なイメージがしますよね。会社に行かなくていい=完全に自由、と思い描く人は多く、憧れる社会人も多いのだとか。 けれどもフリーランスとは夜職と同 […]

人間関係が円滑そうな会社を見極める方法ってある?

コワイお局様がいる、上司が一昔前のやり方でワンマン、ウワサ話大好きな女子社員が集まっている・・・などなど、夜のお店のように昼職の会社でも、人間関係のギスギスはなくなりません。夜職のように完全一匹オオカミでは仕事ができない […]

女性が多い昼の職場、働きやすい?

夜の世界を「女子高」と表現する人もいるように、女の花園そのものの職場ですよね。キャストにとって対等な立場で働く相手は女性のみ。お客様は黒服が男性でも、そこに決して「対等さ」はまずないからです。   同性と仕事を […]

お正月にアルバイトを経験したナイトワーカーの体験談

ナイトワーク一本で生活をする知人のA。筆者が夜職時代からの友達であり、当時でもうベテランの域に入っていたと思います。 付き合いが長いわりに実年齢をハッキリ知らないのですが(苦笑)、夜職同士では意外とあるあるかもしれません […]

2022年、夜の街はどう変化していく?景気回復の見込みはある?

自粛を余儀なくされた2020年、接客業であるナイトワークは大きな打撃を受けました。売り上げがなければお店へも出勤できず、お給料もゼロ。仮に売れっ子キャバ嬢だったとしても、指名客が来店を控えれば成績は厳しいものとなります。 […]

ナイトワーカー必見!2022年の転職事情を大胆予想!

コロナ禍になって早2年、感染者数が急増→急減するなど、2021年は激動の1年だったかと思います。ただウイルスが流行したての頃よりかは身動きもしやすく、2020年に比べると充実した毎日を送れた方も多いのではないでしょうか。 […]

昼職の早期退職についてその②

早期退職のデメリット 早々に仕事を辞めることで第二の人生を歩みやすく、今までとは違った人生を送ることもできるでしょう。しかしながらポジティブな一面だけでなく、厳しい現実的な問題も知っておかなければなりません。 &nbsp […]

昼職の早期退職についてその①

早期退職とは何なのか 世の中をを度々騒がせる早期退職。文字を見て推測できるように、定年を迎える前に退職をすることです。企業側から働き手に退職を募るため、自ら志願して決まる「希望退職」とは大きく内容が異なります。この際退職 […]

挨拶しない、できないはNG!夜職の「普通」は昼職の「普通」ではありません

夜の世界でも必要な挨拶。席に着くとき「こんばんは」「初めまして」くらいは誰でも言うものですが、お客様以外にはしない・できないという女の子が非常に多いです。 キャストに挨拶されても無視をする、黒服に「おはようございます」の […]

家賃審査が通らない!考えられる原因とは

引っ越しをする際に絶対に避けられないのが審査です。どんな物件に入居するときも必ず審査を受けなければ、新しい家は見つかりませんよね。ココでものすご~く難航し、なかなか引っ越し先が見つからないという声が非常に多いのだとか。 […]

地方就職のメリット・デメリット

主要都市での生活は毎日が刺激的で、移り変わる街・人々の様子にワクワクしたことでしょう。しかしながら都会の雑踏が当たり前となり、繁華街を行き来する日々に疲れ果ててしまうことも多いはず。いつしか当初のトキメキが苦痛へと変わり […]

社会人でも分かってないひと多し!?住民税のキホンのキ

税金関連は自ら学ぼうとしなければわからないことも多く、あまり詳しいことを知らないまま支払っている人が大半です。昼職の会社員もなんとなく天引きされていることは分かっているけれど、なぜ価格に変動が起きるのか?といったことをハ […]

“夜職プライド”が邪魔して転職できない?今すぐ捨てるべき考えとは

自分という名の商品に値段をつけられ、毎日をやり過ごしていくのがナイトワーカーです。シビアな言い方をすれば売れている=商品価値が高い、売れていない=商品価値が低いと判断されてしまうために、女の子たちは自己ブランディングを欠 […]

気づけばお金が飛んでいく?高いものを買っていないのに貯まらない理由って?

夜職を続けていれば金銭感覚の狂いは誰にでも見られるものです。1,000円のランチで躊躇うことはなく、「おいしいものが食べられるなら少しくらいは仕方がない」と、ディナーにお金をかけることも当たり前になるでしょう。年齢が上が […]

表舞台から裏方へ。元ナイトワーカーはマネージャー職に向いている?

表舞台に立ち続けていると華やかな一面、地道な一面をすべて知ることができます。特に水商売こそ自分自身が売り物になりますから、時には泥臭い思いをしなければならないでしょう。経験が血となり肉となるお仕事は、辞めた後もたくさんの […]

週休3日制が導入されつつある!?今後の昼職の働き方とは

昼職は週休2日制が一般的ですが、シフトを自由に決められるナイトワーカーからすれば少なく感じますよね。フル出勤をしているキャストさんならまだしも、週2~3日のみの出勤が当たり前になっていると「週5日も働くなんてムリ」と思う […]

ナイトワークを続けることのしんどさ~厳しい現実編~

年齢を武器にできる分、ハンデにもなる? 夜職と一口に言えど、新人が好かれるお仕事のジャンル、ベテランの需要が高いお店など様々です。風俗業は未経験の新人のウケが良くとも、キャバクラではベテランの安心感を好むお客様が多く集ま […]

社内規定と就業規則の違いについて☆就業規則がない場合は?

社内規定とは何か そもそも企業にはお給料に関する規定、総務規定、人事規定など細やかなルールが設定されており、その全体を指す言葉が社内規定です。 なお規定とは社内で独自に定めたものであり、それぞれの会社によって違いがみられ […]

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ