MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夜職から昼職への転職は難しいのか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夜職から昼職への転職は難しいのか?
2020/04/05 (日)

夜職から昼職への転職は難しいのか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職から昼職へ転職を考えている人は多いのですが、なかなか勇気が出せず踏み切れないこともあるのでは?今回はズバリ、夜→昼への転職はハードモードなのか!?解説していきますよ☆

水商売上がりの人が転職の際に危惧するのは、「本当に就職できるのかな」ということ。

仕事先が見つかるか不安でいっぱいですよね。

 

特に昼職未経験や就活をしたことがない場合は、右も左も分からないはず。

そして18歳から職歴が夜しかない・・・となると、先が見えなくなることもあるのでは?

 

ですが結論から言うと、最終的には本人次第。

 

確かに空白の職歴が長ければ長いほど、就活では不利になりやすいです。

ですがヤル気がある、どうしても就きたい職業なら熱意が面接官に伝わる可能性も高いです。

企業も長く勤めてくれる人を求めるはずなので、やる気がある・なしでは随分と変わってきます。

 

「夜しかやったことないし・・・」「昼職経験はあるけどすぐやめちゃった」という人でも、昼職の道は自分次第で切り開けます。

今や夜職経験者は非常に多いので、自身がナイトワーカーだからと委縮することはありません。

 

夜職で得た対人スキルや知恵で、面接を勝ち取りましょう!

 

夜→昼への転職が困難なケースとは

ただやはり、夜職から昼職への転職が非常に困難なケースも存在します。

 

特にやりたい職業がない場合は、困難を極める可能性があります。

夜の世界が嫌になって抜け出したはいいものの、結局昼職でもやりたいことがないパターン。

こうしたタイプは夜も嫌だけど昼も特に・・・という、妥協した雰囲気で就活をしているためなかなか就職先が決まりません。

そして結局、夜に出戻りをする事例が本当に多いです。

 

「なんとなく」で夜を上がり、「なんとなく」で就活をしてしまうのですね。

仮にそれで決まれば良いのですが、資格や技術等がない限り「なんとなく」で仕事先は見つからないと思います。

 

本当に夜を上がりたいのか考えて

まずは本当に夜を上がりたいか考えましょう。

就活は決まるまでが大変なものです。面接に出向かなくてはなりませんし、履歴書・職務経歴書の用意も必要、やることは非常に多いですね。

あまりやる気のないまま就活をしてしまうと面倒になり、結局投げ出してしまう人もいます。

 

夜を続ける方が自分に合っているのか、やることが増えても就活をして昼職へ移りたいのか?

今一度、自分自身としっかり相談して下さいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ