MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

Q.ずっとフリーターでいたらダメですか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > Q.ずっとフリーターでいたらダメですか?
2020/10/27 (火)

Q.ずっとフリーターでいたらダメですか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆正社員と聞くと、少し堅苦しい印象があるのかもしれません。昼職を目指す人の中には「絶対社員にならなきゃいけないのかな」「ずっと派遣じゃだめ?」と思っていることも。フリーターでい続けることのメリットやデメリットをご紹介します。

昼職経験はあるけど正社員になったことがない、昼職自体未経験の場合、「社員」というワードを聞くと、少し気遅れてしてしまうかもしれませんね。アルバイトと社員の扱いは勿論違いますし、背負う責任も変わってくるでしょう。これらのことから「ずっとバイトでいたい」と思う人は案外いるようです。

実際に元ナイトワーカーでなくても、自らフリーターでい続けることを望んでいるケースも多いです。しかしアルバイトのままではデメリットもありますので、慎重に考えてみて下さいね。

 

フリーターのメリット

フリーターのメリットはやはり責任感が薄いことです。社員のような縛りもなく、任せられる仕事も限られているので働く分には気楽でしょう。シフト制なら好きな時にスケジュールをいれられますし、人が足りない時にピンチヒッターとして出る働き方も可能。社員のような縛りもありませんから、Wワークが許されていたりと自由度が高いのも特徴ですね。

責任が薄いので、職場をいつでもやめられるメリットも。任されている仕事が少なければ引き継ぎもカンタンですし、いる人間で対応できるからです。

 

このように

  • 自由度が高い
  • 責任が少ない
  • Wワークが可能

といった点が大きなメリットとなっています。これらに魅力を感じ、フリーターでい続ける人が多いのだそう。縛られたくない、複数の仕事をしたい時には向いているのかもしれません。

 

フリーターのデメリット

自由度の高い一面を持っていますが、デメリットはそれ以上にあると言えます。

 

時給制で稼ぐことになるため、収入が爆発的に上がる見込みはありません。働いた分だけがお給料として手元に残ります。要するに高い収入を望むのなら、働き詰めることになってしまうでしょう。若いうちはいいのですが、年齢を重ねてからだと体力に限界がきてしまうはずです。

そして最大のデメリットは社会的信用がないこと。やはり社員とアルバイターでは信用度が雲泥の差であり、ローンを組むことが難しくなっていきます。家の審査はもちろんのこと、クレジットカードの申し込みさえはじかれてしまう可能性も高いのです。「正社員」という肩書きはそのくらい大切なものなんですよ!

 

デメリットを簡単に挙げますと

 

  • 収入が上がる見込みがない(ボーナスもない)
  • 社会的信用がない(審査が通りづらい、世間の目)
  • 体を壊したら働けなくなる
  • いつでもクビを切られる可能性がある

 

など、不安定な部分がいっぱい。正直なところ爆発的にお金を稼げる可能性があるナイトワーカーよりも、更に厳しいかもしれません。お昼の世界でフリーターでい続けることはなかなか難しいため、正社員の道は考えておきましょう。最初の入り口はアルバイトでも、最終的には社員に昇格していることが理想です。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
dariame salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ