MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

風俗勤務の女性が業界卒業を迷う時って?①

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 風俗勤務の女性が業界卒業を迷う時って?①
2021/09/22 (水)

風俗勤務の女性が業界卒業を迷う時って?①

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職とは飲み屋勤務のキャストさんだけではなく、風俗業界といった性産業に従事する女性のことも指します。彼女達が業界卒業を考え、迷ってしまう瞬間はどういった時なのでしょうか?悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね☆

大きな稼ぎを見込める風俗業界。キャバクラやクラブと違ってお酒が飲めなくても、夜中働かなくても高収入を得られるお仕事です。平日の日中だけ働くなど比較的シフトの融通もききやすく、フル出勤の必要性がないのも魅力と言えますね。飲み屋さんで働いた後、この業界へ足を踏み入れるケースも非常に多いでしょう。

 

ただし風俗のお仕事もそう長く続けられるものではなく、身体的なリスクはとても大きいです。ハイリスク・ハイリターンな業務内容であることは間違いがないので、死ぬまで一生現役!は飲み屋で働くより更に難しいかもしれません。

風俗業界で働く女性が卒業を迷ってしまうのはどんな時なのでしょうか。引退したキャストさんの体験談を元にご紹介しますので、今まさに悩んでいる女の子は必見ですよ。

 

業界卒業を迷う時①病気にかかった

やはり性産業に従事する人々が最も迷うポイントは体調面のことです。性的サービスを行っている以上常に性病の危険とは隣り合わせですし、婦人系の疾患も多くの女性を悩ませています。全く検査に引っかからず元気に過ごしているキャストさんもいますが、大抵業界歴が長いと何らかの病気には必ずかかっていることでしょう。

一時的に出勤をストップさせる程度のものならまだしも、深刻な病気を抱えてしまえば明日からもう働けなくなってしまいます。治療代がかかるのに無職になった時の不安は非常に大きく、それこそ路頭に迷うことは避けられません。

 

何か検査で引っかかった、再検査を命じられた、重大な病気が見つかった時に“卒業”の二文字が頭をよぎるのだと言います。また業務内容とは関係なく、単純に持病の悪化や体調不良が続くことで「昼職に転職しようか」と考え始めるケースも多いです。

体が資本であるお仕事なので元気がなくては接客もできません。このことから体調面の心配は業界卒業のきっかけとなる理由ナンバーワンなのですね。

 

業界卒業を迷う時②年齢を重ねた時

夜職では年齢を偽るのは当たり前・・・ですが、風俗は体を見せるお仕事です。キャバクラのようにドレスや照明の暗さで誤魔化すことはできませんので、年齢をカバーするのにも限界があるでしょう。いくらアンチエイジングや美容に気を使っていても、明るいお部屋でお客様と対面すれば大幅にサバを読むことは難しいと思います。

 

そのため飲み屋さんよりも年齢に関して少々厳しく、25歳以上で「人妻・若妻」に分類されてしまうことも!“学園系”と呼ばれる若い子が揃うお店には20代でも居づらくなるなど、年齢による区切りがかなり細かいのが風俗業界の特徴かもしれませんね。40代を過ぎればいくら若く見られても熟女店に行く人も増え、ずっと一つの店に在籍し続けることができないのです。

 

人妻店や熟女店へ行けば必ずハードサービスになり、10代・20代と同じプレイ内容ではいられません。長年働き続けるベテランも40代以降はほとんどの人はNS(ノースキン)へ移行しているくらいです。となれば病気の確率も上がりますし、歳が上になれば免疫も落ちるので体調面の心配も出てくるでしょう。

そして30歳を超えてお客様を持っていないと働けるお店がどんどんなくなるのも悩ましいポイント。バックも下がり、サービスがハードになるなど精神的な負担も大きくなっていくと思います。ここで業界卒業を考える女の子が本当に多く、すでにその頃にはあちこちのお店を転々としてしまっていることも珍しくはありません。

 

業界卒業を迷う時③稼げなくなってきた時

年々水商売の平均的な稼ぎは落ちており、客入りも昔に比べれば少なくなっていることは事実です。風俗も日給10万円の時代は終わり、今となっては5万、3万を稼ぐことさえ厳しくなっている女の子もいます。よほど売れていない限り月収300万円を手にすることもなかなかないでしょう。そのくらい夜職の月収の平均は低下し続けているんですね。

 

ですからいくら指名を持っていても昔のようにはいかず、稼げなくなってきたことに悩む人は多いです。今回のコロナウイルスでお客様が切れてしまった、リピーターの足取りが悪くなった、お店そのものが暇になった・・・なんて声もよく聞くくらいです。

貯金がたっぷりとあるならこの時期を乗り越えられるのかもしれませんが、そうでない場合は日々の生活だけでいっぱいいっぱいですし、いつ状況が改善されるかもわかりません。精神的な落ち込みに耐えられない女の子もいます。だからこそ今のタイミングで昼職に転職し、不安定な毎日からサヨナラしたい!と思うケースは多いそうですよ。

 

たくさんのお金を稼ぐために夜職をしているのなら、収入に魅力がなくなれば続けている理由が見当たらないですよね。「けれども続けていれば収入が戻るかも・・・」、そんなジレンマの中で揺れているとなかなか覚悟が決まらないのも無理はないでしょう。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ