MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

転職の際の引っ越し、妥当な家賃とは?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 転職の際の引っ越し、妥当な家賃とは?
2020/11/06 (金)

転職の際の引っ越し、妥当な家賃とは?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職に転職するにあたって、気になるのは家賃の平均額。夜職時代は10万、20万が当たり前でしたが、昼職の人々はどのくらいの家賃を「高い」とするのでしょうか?お給料面をしっかり見ながら家探しを行って下さいね。

昼職に転職する時、当然ながらお給料は減ります。月収が減るということは、生活のレベルをある程度まで下げなくてはなりません。夜職のように高い家に住み、ブランド品をバンバン買うことはできなくなるので気を付けたいもの。削れる部分は削り、必要最低限の出費はなるべく抑えたいですよね。

 

昼職一年目~の社会人は、平均して6~8万の家に住んでいることが多いです。お給料によっては8万でも高い!という人もいるくらい。一人暮らしをする以上家賃の出費は避けられませんが、毎月出ていく金額としては大きいでしょう。お給料に見合った物件を探すことが大切ですよ。

 

6~8万でどのくらいの家に住める?

ずっと夜職をやってきたり、彼氏に家賃を払い続けてもらっていた人は、10万以下の家に住んだことがないかもしれません。となれば「6万とか大丈夫?」「絶対狭い」と思ってしまうはずです。

エリアにもよりますが、確かに都会付近での6~7万ならワンルームや1Kが基本です。たとえ少し広かったとしても築年数が古かったり、オートロックがついていなかったりと女性には悩ましい問題も。正直なところ10万以下の物件だと妥協しなければならない部分も出てくるため、100%納得いく部屋に巡り合うのは少し難しいでしょう。

ただし下町や東京23区外など、都心から遠くなれば当然家賃は下がります。その中での8万ならそこそこ良い部屋に住める可能性も上がるので、通勤が苦でなければそういったエリアを視野にいれてみるのもアリですね。

 

シェアハウスなどの検討も◎

もし都会付近がいい、人との同居が気にならない場合はシェアハウスを検討するのもいいでしょう。共同生活にはなってしまいますが、家賃や光熱費が抑えられるので節約にもなります。ただし人気であることから、最近は空きがないことも多々あるのだとか。気になるシェアハウスがあるのなら、早めに問い合わせてみてください。

また安いと言えど、格安で住めるシェアハウスはそう多くありません。東京都だと最低でも5万以上はかかるので、良い物件があれば一人暮らしの方がいいかもしれないですね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ