MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

転職したいナイトワーカー必見!一般的な就職の流れとは?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 転職したいナイトワーカー必見!一般的な就職の流れとは?
2020/05/05 (火)

転職したいナイトワーカー必見!一般的な就職の流れとは?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職への転職を考えるナイトワーカーは増えましたが、一般的な就職の流れを知らない人も実は多いんです。未経験だと分からないことも沢山ありますので、ぜひ一緒に覚えていきましょう!

昼職未経験の場合は、どのような流れて就職に至るのかが分からないことも多いです。夜職のように「受かったら明日すぐに働ける」「面接の合否連絡は当日中に分かる」と思ってしまっている人もいるほど!実際には夜職よりも時間がかかることをまずは覚えておかねばなりません、

 

昼職は夜職と異なり、面接の合否連絡に一週間程度時間を要するなどすぐには働けないものです。就職や転職に関する基本的な知識を頭に入れるためにも、一般的な流れを見ていきましょう。

 

就職の流れ

ざっくり表すなら書類送付→面接→合格通知→初出社日の確認、必要書類の準備→入社ですね。こう見るとかなり簡単な流れに思えてしまいますが、全てを終えるまでに意外と時間がかかっているのですよ!

 

まず第一次選考である書類送付から通過の連絡が来るまでに三日~一週間程度です。最近はメールでの提出がメインとなっていますが、書類として紙で送らねばならない企業も多数。そもそも発送から到着まで数日かかりますので、選考に一週間というのも仕方がない話でしょう。電子提出だと判断がやや早い印象です。

 

そして次のステップである第二次選考・面接。これは合格通知を出すスピードは会社によってまちまちであり、早くて即日、遅くて二週間や一か月とかなりバラつきが見られるのだとか。志望者が多ければ多いほど選考に難航するはずですから、二週間~以上も無理はないのかもしれませんね。

 

そのため就活を短期決戦で終わらせたい!と思っている人も、最低でも二週間、一か月以上はかかることは覚悟しておいてください。長引かせたくない気持ちは十分に分かりますが、だからといって気持ちが急ぎ過ぎるのも良いことではありません。

 

合格通知がこない!?

昼職は夜職と違って、ハッキリと合否が分かります。「スカウトさんに連絡しますので」「後日連絡します」=不合格、のような曖昧な表現はまずありませんので、その点はご安心を(笑)合格・不合格どちらの場合も通知がくるのが一般的ですよ。たまに「不採用の場合は連絡しません」という企業もありますが、きちんと連絡をくれるところが8~9割。

どんなに遅くなっても基本的には通知があり、最近はメールでの連絡が主流となっています。

 

ですが合格通知の速さは会社によってまちまちで、早いところで当日(めったにありませんが)、遅くて一か月以上かかる場合も・・・。夜職の面接に比べるとスピーディーさには欠けますので、昼職未経験の場合はなかなか慣れないかもしれませんね。

けれども即日・即答の会社はあなたのことをよく見ずに採用している可能性が高いので、少々時間がかかった方が余計な不安に襲われなくて済むと思います。その日1日だけですぐ判断を下す企業はブラック企業であることも多く、常に人が足りないから即採用・・・という恐ろしい事例も。

 

ただし意思決定の速さをウリにしている会社も、基本的に返事は速いです。通知のスピードだけでアヤしい企業かを判断せず、面接の時点で見極めてくださいね。

 

明日働きたいです!はできるのか?

面接時に「いつから働けますか」と必ず聞かれるかと思います。この時「明日から働きたいです!」は通用するのでしょうか?

 

これは職種によりますが、正社員である限り「明日すぐ」は難しいと思います。アルバイトやよほど人手が足りない場合はあり得る話かもしれませんが、そこまで人手不足な職場は激務の可能性が高いことが考えられるでしょう。入社前には必要書類を揃えなくてはなりませんし、たいてい面接一週間後~一か月後の勤務が普通です。

常に人が必要な接客系の仕事もシフトがありますからね。よほど余裕がない限り新人を明日今すぐにでもねじこむのは難しいでしょう。

 

それに採用した企業側の準備が必要なことも忘れてはなりません。

新入社員が入ることを配属部署に通達したり、迎え入れるための準備(パソコンや席など備品の用意)や指導係の決定などを行います。ですからすぐに明日勤務したい!というのは、難しいことだと思ってください。

 

就職までの流れを理解して知識をしっかりとつけよう

「昼職につこうかな」と簡単に口にする人は多いですが、こうした現実を知らずに転職活動を行うケースもあります。そして夜職との大きな違いを知り、ギャップに耐えられず辞めていく人を何人も見てきました。

世界が違うのですから文化が違って当たり前なのです。転職前に、予備知識はしっかりと頭に入れておいてくださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ