MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

転職が難しい、“追っかけ女子”の実態とは?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 転職が難しい、“追っかけ女子”の実態とは?
2019/11/20 (水)

転職が難しい、“追っかけ女子”の実態とは?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は「追っかけ癖」のあるナイトワーカーについてお話したいと思います。追っかけと言えど、何もアイドルだけではありません。バンドやホスト通いも一つの追っかけ行為と呼べるでしょう。これらのクセがついている場合、転職にかな~り苦労するかもしれません・・・。追っかけ癖とは具体的にどういうことなのか?解説していきますよ☆

追っかけ=生き甲斐?

アイドルやバンド、ホストやボーイズバーに通うのが好きなナ女の子は非常に多いです。趣味の為に夜職をはじめた、なんて話もよく耳にするほど。

アイドルもホストも、同じようにお金がかかります。ライブやコンサートのために地方へ行ったり、担当のホストを喜ばせるためにお会計を上げたり、追っかけ女子は本当にお金に忙しく、あったらあっただけ使ってしまいがち。中にはアイドルやバンドの追っかけと、ホスト通いを並行している子も結構います。となると、昼職のお給料だけでは到底足りなくなってしまいますよね。

夜職をしていてもカツカツであるケースが多く、“稼いでいるはずなのにお金がない状態”に陥っている人が後を絶ちません。

 

本気で追っかけをしている子は自分と似たような趣味・考え方の友達が出来ます。その子達と過ごすことが楽しくなってしまい、ついつい自分の将来のことを後回しにしてしまうのです。その場その場が楽しければいい、といったスタンスですね。気づけばダラダラと追っかけ生活を続けてしまい、あっという間に年齢を重ねていた!なんてことも。

その時にはすっかり金銭感覚も狂ってしまい、「今更昼職なんて」と思ってしまうのです。

 

全力で趣味を充実させることを、筆者は悪いとは思いません。ですがあまりに趣味にかまけすぎて、自分自身の人生を疎かにしてしまっているのは考えもの。追っかけだけに全てを捧げ過ぎてしまうと、後々になって後悔してしまう可能性がグンと上がってしまいますよ。

 

若いうちはいいけど・・・

とにかくお金が必要ですから出稼ぎに行く、稼げるお店を転々とするケースがよく見られます。若いうちはそれでいいかもしれませんが、年齢を重ねると働けるお店がどんどん限られてくるのです。また出稼ぎに行くのも年齢が上がってくると厳しくなるでしょう。受け入れてくれるお店があっても体力面で限界を感じる時が来るかもしれません。

 

一生懸命追いかけてる分、飽きが来るのが早い人もいます。自然と「もういいや」と思うこともあるでしょう。その時に自分の将来やあり方を考えられる子なら、まだ未来は明るいです。そこでさらに行動へ移せればとてもいいですよね。

 

追っかけのために夜を始めたのだから、辞めたらもう必要ないや~と割り切れる子はある意味切り替えがうまいので、その潔さをどこかで活かせるかもしれません。良きタイミングでパッタリと辞め、そのまますんなり卒業してしまうタイプですね。

 

ですがこういった「割り切れるタイプ」の子はものすごく少ないのが現状でしょう。お目当てのバンドやグループが解散、また担当が辞めてしまう、自分が飽きてしまうと、またその代わりを見つけようとします。心と時間の穴を埋める如く、他の現場やお店に顔を出し始めてしまうのです。

そうなればなかなか終わりは見えません。次から次へと色々な場所へ顔を出せば知り合いも増えますし、結果的にそのコミュニティが最も心地よく感じるはずでしょう。本気で追っかけているグループに入ってしまえばそれが日常生活となってしまいますから、なかなか自分の将来についてゆっくり考えることが難しくなっていくのです。

 

転職が一番難しい!?

厳しい事を言うと、この手のタイプが一番転職するのに難しいと言えます。例え転職しようと思っても、「まぁいっか」と思ってしまう。仲間もみんな夜職だから大丈夫、と考えることを辞めてしまうからです。一念発起して転職について調べてみても、ホストからのお誘いがあればそっちを優先してしまうのではないでしょうか。結果的に、これで考えがどんどん先延ばしになっていくのです。

 

追っかけと夜職にどっぷり浸かってしまうと、「お金を使えばとりあえずは楽しい」ことを学んでしまい、泥沼のように抜け出せなくなってしまうのです。そして気づいたころには歳を取り、転職に苦労する・・・という悩ましい問題にぶつかってしまうかもしれません。

 

行動が遅ければ遅いほど選択肢は狭まっていきます。身動きが取れなくなってしまうその前に、早め早めの行動心がけて下さい。

 

追っかけに焦りを感じている人へ

追っかけをしながら焦りを感じている人はいっぱいいます。夜職をしている分どこか冷静な一面も持ち合わせていますから、自分のしていることに疑問を浮かべている人もいるでしょう。

 

「いつまでこうしているのかな」「やめたいけどどうしようかな」「こんなことしている場合じゃない」そう思い始めたのなら、まずは自分の仕事と向き合ってみましょう。追っかけのために始めた夜職を楽しんでこなせているでしょうか?

 

夜職の楽しさ・やりがいを見出したのなら無理に辞める必要はありません。ですが追っかけのためにイヤイヤやっているのなら話は別です。このまま嫌な仕事を続ける日々こそ苦痛なものはないですよね。追っかけがなくなったら自分には何も残らない、では、空っぽな人間になってしまうますよ。

「どうしようかな」と思い始めたら、まずは自分の本音と向き合ってください。アイドルやバンドマン、ホストはあなたのために何かしてくれません。対価が発生しているのだから、サービスをしてくれているだけなのです。

 

もし夜職からの卒業を目指すなら、昼コレスタッフにご相談くださいね。やりたい仕事が特に見つからない場合も大丈夫。真摯にサポートいたしますので、まずは一度ご連絡をお願い致します。

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ