MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

要注意?就職先が決まらないナイトワーカーの特徴とは?パート①

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 要注意?就職先が決まらないナイトワーカーの特徴とは?パート①
2020/05/02 (土)

要注意?就職先が決まらないナイトワーカーの特徴とは?パート①

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆現在転職活動をしており、奮闘している人も多いことでしょう。就職先が決まる人・決まらない人にはそれぞれ特徴があります。一緒に見ていきましょう☆

昼職へ転職しようと決意するのはすばらしいこと。なかなか心の中で「いつかは転職しなきゃ」と思っていても、行動に移すのは勇気のいることです。

ですがなかなか就職先が決まらず、苦戦を強いられるケースも。すんなり決まる人と、そうでない人は何が違うのでしょうか?

 

職業の探し方や面接の受け方一つで結果は変わってくるもの。なかなか決まらず困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

決まらない人の特徴①とにかく面接へ行きまくる

手あたり次第に書類を提出、書類が通過したところからバンバン面接へ行くタイプです。

 

一次選考の書類は通過するため、すぐに決まりそうな予感もしますが、これは大きな間違い。

「とりあえず入社できればいいや」といった精神が見え隠れするため、面接で見抜かれてしまう可能性が高いのです。

 

「ほかにどんな会社を受けられていますか?」という質問をされ、ジャンルが見事にバラバラ。そして発言に一貫性がないとすぐに落とされます。

中には書類を「盛って」提出する人もいるようで、それが仇になることもあるのだとか。

 

早く就活を終わらせたい気持ちは分かりますが、面接に行けば受かるものではありません。

その企業をパスできるよう、志望動機をきちんと考え、誠意を伝えなくては決まるものも決まりませんよ!

 

決まらない人の特徴②高望みしすぎる

なかなか就職先が決まらない人は、給与や待遇を高望みしすぎているのかもしれません。

 

例えば残業はゼロがいい、でもお給料は30万以上ないと嫌、家から歩ける距離が良い・・・などなど。高望みするとキリがありません。

このタイプはアレコレ希望が多すぎて、現実に直面し結局就活が嫌になるパターンが多いです。

自分の希望に合わない企業は応募もしないため、面接までも漕ぎつけない可能性も高いですね。

 

夜のお店で働いている時も、100%納得のいく待遇はなかったはず。

それを昼職に置き換えて考えてみて欲しいのです。条件の全てを満たしてくれる会社はないと考えて下さい。

 

パート2へ続きます!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ