MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

表舞台から裏方へ。元ナイトワーカーはマネージャー職に向いている?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 表舞台から裏方へ。元ナイトワーカーはマネージャー職に向いている?
2021/12/05 (日)

表舞台から裏方へ。元ナイトワーカーはマネージャー職に向いている?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職を一度経験すると、表舞台の華やかさや陰の苦労をめいっぱい知るはず。その経歴を生かしてタレントなどのマネージャー職に就く女性も一定数いらっしゃいます。見る目が磨かれた人こそできるお仕事ですので、昼職への転職を考えている場合はこのような職業も視野に入れてみるといいでしょう。

表舞台に立ち続けていると華やかな一面、地道な一面をすべて知ることができます。特に水商売こそ自分自身が売り物になりますから、時には泥臭い思いをしなければならないでしょう。経験が血となり肉となるお仕事は、辞めた後もたくさんの方面で活躍できる可能性を秘めています。

 

その中でも表舞台→裏方へまわるケースも見られ、中にはマネージャー職へ就く女性も多いです。今までは自分が前線で頑張っていたのを、今度は後ろから見守る立場へと変わりますが・・・。これにはやはり、「表にいることの大変さ・楽しさ」を知らなくては実のあるアドバイスができません。まさにナイトワーカーこそ、煌びやかなお仕事のマネージャー業は非常に向いていると言えるのです。

 

もし誰かをマネジメントしたい、サポートしたいと思ったのなら、ぜひ転職の際に候補として入れてみて。もしかするとあなたが大きく輝けるフィールドが見つかるかもしれません!

 

タレントなどのマネージャーはすぐなれる?どんなことをするの?

水商売の経験を生かしてアイドルやタレント、ライバーなどのマネージャーへ転職する人も多いです。

 

「すぐになれるのか?」と聞かれますと、事務所の規模やタレントの知名度、活動量などにもよりますので、いきなりビッグネームの方とお仕事をするのは難しいでしょう。大手芸能事務所ですとマネージャー未経験者を雇わない、あるいは身内の紹介のみといったこともありますからね。

ただし地下アイドルやライバー、ユーチューバーやインフルエンサー専門プロダクションだと、割とすんなり入社することができることも多いです。SNSを使いこなしていた元ナイトワーカーなら歓迎されるケースもよく見られるとか。

 

昼コレでも求人を出している事務所さんがありますし、身内でプロダクション経営者や知人がいるのなら紹介をしてもらうのもいいでしょう。横の繋がりと人脈を問われやすい世界なので、知り合いが多ければ多いほど有利になるのは確実です。

 

タレントのマネージャーの業務内容

マネージャーはスケジュール管理がマストですし、タレントのできる/できないなど全てを把握しなければなりません。

夜のお店の黒服さんも担当している女の子の好み、苦手なお酒や得意な客層、タイプ、出勤スタイルや仕事っぷりを理解していますよね。根本的な部分は同じなのです。

 

  • タレントのスケジュール管理
  • 営業活動
  • SNS管理
  • 方向性のミーティング
  • 現場の入れ込み(送り迎え)
  • 案件の管理、条件などの交渉
  • お給料管理 etc…

 

仕事内容に関しては挙げたらキリがなく、アイドルなのか、女優なのか、配信者なのか、についても変わってきます。

インフルエンサーやライバーなら送迎をすることはめったにありませんが、一般の“芸能人”と呼ばれるタレントなら現場の入れ込みはマスト。

 

担当している子の売れ行きや人気によってベタでつくか、それともまずまずな子たちを複数担当するのかなど、事務所の規模や方向性によっても担当する人数からマネジメントの濃度が異なってくるでしょう。要するに「すべてが同じとは言えない」のが事実です。

 

たいていお給料は固定+歩合が多く、営業マンのような報酬スタイルであることが多いです。要するに売れる子を抱えていればお給料アップは狙えますし、逆にイマイチな子ばかりだとあなたへの月収へも影響してしまうもの。黒服とキャストのように、二人三脚が頑張ることが成功のヒケツですね。

 

キャバクラのマネージャーという手もアリ?

正直なところこれは「昼職」ではありませんが(笑)、現役中それなりの成績を残していたのなら黒服兼マネージャーとして活躍することも可能です。自分がやっていたことですから芸能などよりもさらに分かりやすく、売れるポイントなども正確に教えられるのが最大のメリットですよね。

 

完全にキャストをひけば自分のお客様をほかの子へも回せます。知名度や力があるのなら自分のお店を出す方が良いのですが、そのレベルに満たない場合は黒服に転身するのも一つの手でしょう。

 

元ナイトワーカーがマネージャー職に就く際に気を付けたいこと

「もう自分はやりきったから」と思って裏方へ転身しても、最初は思うようにいかないことが多いです。プレーヤーとしての気持ちがわかるのは良いことなのですが、今度は「理解できすぎてツライ」という悩ましい部分も・・・。相手の立場になりすぎて物事を考えてしまい、うまく回らないジレンマやタレントとの距離感が掴めないことだってあるからです。

 

それに当時の自分のやり方を相手に押し付けてしまいがちなのも、元プレーヤーの難しい点。「私はこうやってうまくいったのに」と思っても、全員がそれに当てはまるわけではないことを学んでいかねばなりません。自分自身を成長させるのも大変ですが、まったく別人格の人間を形成していくのもこれまた苦労が絶えないのです。

 

そこを「面白い」と感じるか、「私にマネジメントは厳しいかも」となるかはその人次第。ただし自分を育てた実績を持っているのなら、“向いていない”ことはまずないかと思います。OLや一般職に興味が湧かない、マネジメントに興味があるのなら挑戦してみるのもいいでしょう!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ