MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

男性と関わらない職場、具体的にどんなものがある?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 男性と関わらない職場、具体的にどんなものがある?
2022/07/22 (金)

男性と関わらない職場、具体的にどんなものがある?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜のお仕事で接客に疲れると、男性と絡みたくない!と思うのは誰もが経験すること。転職後も異性との関わりに抵抗がある場合は、思い切って女性だらけの職場を選ぶのもアリ。しかし、デメリット面もゼロではないため慎重に転職先を決めていきましょう!

男性と関わることが少ない/あるいはほぼゼロな職場

異性がおらず女性ばかりの職場は世の中に多いのです。

とび職や現場仕事など男性ばかりが集まる仕事のように、女性が中心となって動く職業も複数あるもの。

 

「絶対に男性と関わらない!」はほぼ不可能ですが、極力接さなくて済むことって実は可能なんですよ!

 

もし昼職に転職後、女性ばかりの職場を望むのであれば以下の職業を検討してみてくださいね。

 

①女性向けのアパレル

言わずもがな、女性向けのアパレル(衣料品や雑貨販売)は異性と関わることがほぼありません。

接客する相手も働く仲間も8割以上が同性、男性は本社勤務や在庫管理のメンバーでほんの少しいるくらいです。

 

“女性だらけの職場”の代表的な仕事であり、異性と接することによるストレスはゼロ。

元ナイトワーカーも多く、見た目の自由もきくので接客業に抵抗がないのであればおすすめですね。

 

②美容部員/コスメ販売

デパートなどで働く美容部員さんも、接客するお客さんのほとんどが女性ですね。

最近は化粧男子も多いですから時折メンズが来店するものの、夜のお店に来るようなおじさんが頻繁に来ることはまずないでしょう(笑)

 

そのためおじさん特有の接客ストレスは、アパレル同様ゼロに等しいです。

 

ブランドによっては男性スタッフが常駐することもありますが、女性の数が圧倒的に多いのであまり気にならないかと思います。

メインは女性、と思っていてOKですね。

 

③ネイルやエステなどの美容サロンスタッフ

オーナー自身も女性だったりと、最も男性と関わらなくて済むお仕事かもしれません。

「女性専用」を謳うサロンだとよりその傾向は強まるため、女性だけの世界で働くことも可能です。

 

技術が問われるものの、一度身につければ一生使えるので息の長いお仕事と言えるでしょう。

 

いずれ自分自身が独立して開業、といった可能性を秘めるお仕事でもあるので独立志向が強い女性にもおすすめです。

 

④保育士や幼稚園の先生

最近は男性保育士も増えているものの、やはり子供を扱う職場は女性が主に活躍しています。

 

園長先生が男性だったり、お迎えに来るパパさんなど男性との関わりは残念ながらゼロではありません。

しかし、メインとなって一緒に働くのはほぼ同性なので「女性が多い職場」なことに間違いはないですね。

 

あまりお給料は高くありませんが子どもが好き、人の面倒を見るのが好きであれば職選びの際に検討してみるのもアリですよ。

 

 

女性ばかりの職場は元ナイトワーカーに向いているのか?

夜のお店も男性スタッフは必ずいるものの、メインで活躍するのは女性ですよね。

「女だけの職場」であるため、人によっては向いていると言えるでしょう。

 

しかし、全員に合っているのではなく向き・不向きはありますから、元ナイトワーカーだからといって安易に勧められないのが本音。

男性と関わりたくない一心だけで選ぶと失敗しやすいので気を付けたいものです。

 

人間関係をうまくやれるなら向いている!

女性同士だからこそ分かり合えることはたくさんありますが、その分ぶつかるとヒートアップしやすいのが難点です。

 

間に入って止められる人物がいればいいものの、女性はどちらかに加担して派閥を作りがち。

・・・となればギスギスした環境の一丁上がり、なんてケースも決して少なくはないんです。

 

例え仲が良くないメンバーがいても気にせずやり過ごせるタイプだったり、立ち回りが上手だったり、人間関係をうまく紡げるのなら問題はないでしょう。

そういう人こそ、同性同士のやり取りが上手なので向いていると言えますね。

 

同性との関わりがあまり得意でないと地獄かも

「男性と関わりたくない、けど同性と関係を築き上げるのもそこまで得意じゃない」場合、女性だらけの職場は危険かもしれません。

 

同性同士ということで遠慮がなくなり、ヘタすると男性よりもさらに当たりが強いなんてことも普通だからです。

男性がいることによって彼らの存在がストッパーになり得る可能性も高いですから・・・。

 

どちらも性別も揃うことで良さが発揮される職場や環境、ということもゼロではないでしょう。

 

男性の全員が悪ではないですし、女性に関しても同じことが言えます。

ただ同性が集まると人目を気にしなくなる傾向にあるため、女性独特の厳しさがキツく感じる場合はよく考えてから職選びをしてくださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ