MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

甘い言葉に騙されない☆転職失敗談その1〜キャバ嬢編〜

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 甘い言葉に騙されない☆転職失敗談その1〜キャバ嬢編〜
2019/11/08 (金)

甘い言葉に騙されない☆転職失敗談その1〜キャバ嬢編〜

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は私の身近に起きた、夜職→昼職、転職失敗談をお届けします。あまり暗いお話は聞きたくないものですが、実際に失敗してしまう子が多いのも事実。足元だけを見ずに、慎重に転職活動を行いたいものです。

これは私の友人Aが、転職に失敗してしまった時のこと。(※実際に許可を得て掲載しています※)

 

Aがちょうど転職を考えていた時、お客さまから昼職への誘いがありました。

 

そのお客さまは度々お店に来店し、彼女を気に入ってくれていたようです。「元キャバ嬢でもいいから」と言ってくださったそうで、その方がオーナーを務める美容サロンで働くことが決定したのです。

 

徐々に昼へ慣れていけばいいとのことで、まずは週2〜3回、アルバイトとして昼職生活がスタートします。

キャバクラとの掛け持ちも、派手な髪色もOKで、Aは昼と夜の掛け持ちをすることになったのです。

 

昼職に就きたかったAは大喜び。このまま晴れて昼職の道へ一歩踏み出したのですが……

 

条件が違うことに違和感

日を追うごとに仕事は慣れてきたため、昼の生活が楽しかったそうです。

 

ですが徐々に暗雲が立ち込めてくるのを、Aは気づきませんでした。

 

勤務してから数ヶ月後、「時給が上がる」と言われていたのに一向に上がりません。

また交通費支給と聞いていたはずが、途中から支払われなくなったのです。

 

さらにアルバイトの身でありながら他店舗へのヘルプにたらい回し。この時も勿論交通費は出ていませんし、さらには雇用契約書も交わしていなかったと言います。

 

簡単に言ってしまえば、安い時給でうまく使われていたのです。

 

Aは怒りを覚え、仕事に誘ってくれた元お客様に不満をぶつけました。しかしその方はいつもいいように彼女を言いくるめるのです。

 

結局時給も上がらず、正社員の給料遅延や未払いも発覚。Aは退職をよぎなくされました。

 

過信のしすぎに注意

いくらお客様でも、過信してしまうのは厳禁です。Aのようにすぐに辞められたのならまだしも、退職をさせてもらないなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

彼女も昼職の経験がなかったために「雇用契約書を交わす」ということを知らなかったのです。キャバクラには入店誓約書がありますが、それと雇用契約書がうまく頭の中で結びつかなかったのでしょう。

 

早く相談してくれたので、私も「早くやめたほうがいい」とアドバイスできましたが、遅かったら手遅れになっていたかもしれません。

 

そのためお客様経由の仕事紹介には気をつける・わからない点があったらすぐに質問する・そして相談できる昼職の友達がいると安心です。

 

これを読んでいる昼コレ女子の皆さんも、厳重に注意をしていただきたいものです。

安心・安全に昼職へ転職したいのなら、ぜひ昼コレスタッフにご相談くださいね!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ