MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

歩合制のお仕事をする際のデメリット②~昼職で歩合給がほしい時の心構え~

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 歩合制のお仕事をする際のデメリット②~昼職で歩合給がほしい時の心構え~
2022/07/15 (金)

歩合制のお仕事をする際のデメリット②~昼職で歩合給がほしい時の心構え~

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆「お給料が歩合です!」と聞けば収入が青天井・・・ということを想像しますよね。とても魅力的に感じますが、悪い部分にも目を向けねばなりません。それでも頑張りが直接収入へ直結するのですから、やりがいはバッチリ。もし昼職で歩合給の仕事を選ぶ場合の心得も教えちゃいます☆

歩合給は休めない?体調管理にもご注意を

みなさんは体調が悪くやむを得ずお店を休むとき、どんな気持ちになりますか?

 

「あ~今日お客様がくる予定だったのに・・・」「予約が入っていたのに」

など、やる気があるナイトワーカーは“今日という一日を逃す”ことをとても悔しく思うことでしょう。

 

後日挽回のチャンスはいくらでもあるものの、同じ日は二度とやってきません。

そのことを熟知しているナイトワーカーは無理に出勤したり、太いお客様のみお店へ呼ぶなど、体にムチを打って頑張るはずです。

 

歩合給のお仕事だと似たようなことをしなければならない時もやってきます。

今は世の中の情勢的に「具合が悪ければ休め!」ですが(苦笑)、どうしてもハズせない商談や打ち合わせがある時は行かねばならないことも。

 

ただ風邪を引いた程度であればいつでも巻き返しは可能ですが、問題は大病を患った時です。

 

入院やケガなど身動きが取れなくなってしまうと、収入の減少は避けられません。

歩合制のお仕事に就く場合は体調管理に十分注意しましょう。

 

また飲みの席のお付き合いも多いため、泥酔にも気を付けて!

筆者の友人は連日の飲み会参加で疲れ果て、帰り道にケガ→骨折で長期入院と悲惨な状態に陥っていましたから・・・(涙)

 

 

歩合給のお仕事に就くときの心構え

「ナイトワークが嫌になったから昼職へいきたい」という方も多いですが、その際は給与面や待遇、そして仕事内容をしっかり確認してください。

お給料が上がる可能性を見込んで歩合制を選びたくもなりますが、一旦ストップ!

 

結局昼職もイヤになってどうしていいか分からない状態に陥っては意味がありませんよ。

世の中には色々な職業がありますから、じっくりと考えてから決めましょう。

 

夜職と変わらない思いをする可能性大

歩合のお仕事って元ナイトワーカーが多いんです。

理由としてはやはり、根底にある部分が夜職と似ているから。

 

同じような感覚のまま突っ走れるタイプもいるため、そのような方にはとても向いているでしょう。

今までとは180度ガラリと変わったことをしなくて済むため、過去の経験が大いに役立つこともありますしね!

 

ただし夜職の仕事内容がイヤで昼の世界に来る場合、歩合制のお仕事はあまり推奨できません。

前回の記事でも解説しましたが、結局のところ数字をいつまでも追う世界です。

 

プレッシャーやストレスの感じ方は今までと同じなので、「二度と似た思いはしたくないの!」と考えているのなら別の仕事の方がいいですね。

 

たくさん稼げる可能性/苦戦することもしっかり把握しておく

歩合制のお仕事を選ぶ人たちはみんな共通して「稼ぎたい」のです。

もちろんいっぱい稼げる可能性も、苦戦する可能性も秘めていますから、その現実はしっかり把握しておいてください。

 

自信がないまま仕事を進めていると成績が伸ばせないこともありますから、今までの在り方を思い出して頑張りましょう。

大抵元ナイトワーカーは歩合に強いので(笑)あまり心配することはないかと思います。

 

とはいえ元ナイトワーカーといえど3カ月程度しか働いてなかったり、指名がほぼ取れなかった人は苦戦するかもしれません。

歩合制のお仕事は“きちんと夜職を頑張った人向け”ということですね。

 

売り物が“自分”ではないことは覚えておいて

元ナイトワーカーでも勘違いしがちなのは、売り物がもう自分自身でないことです。

もちろんその人の人間性やキャラクターで契約や案件が取れることもあるでしょう。しかし、直で売るのは商品なのであなた自身が売り物になることはもうありません。

 

今まで色恋接客で引っ張ってきた方はどうしても、距離感が近い接し方をしがち。

相手次第では勘違いをされたり、意外とクレームに繋がったりと危ない橋を渡ることも考えられるのです!

 

夜職をしているとこの部分の切り替えが難しいですから、イチからのスタートと心得ると良さそうですね。

 

 

昼コレでは歩合制のお仕事も紹介中

希望される女性も多いため、昼コレでは歩合制のお仕事も多数紹介しております。

会社や職種によって業務内容や条件はさまざまですので、気になった方は一度お問い合わせくださいね。

 

話を聞いてから「自分には向いていそうだな」「う~んやっぱりダメかも?」など見えてくることもありますよ。

まずは相談だけでもOK。2022年も後半ですから、今のうちに転職活動を始めちゃいましょう!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ