MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

最近はあまり聞かない?「プレミアムフライデー」とは

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 最近はあまり聞かない?「プレミアムフライデー」とは
2020/11/27 (金)

最近はあまり聞かない?「プレミアムフライデー」とは

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆約三年前から「プレミアムフライデー」というキャンペーンが始動しました。最近ではあまり耳にしなくなりましたが、一体どんなものだったかを説明できますか?まだ実は終了しておらず適用し続ける企業もありますので、しっかり押さえておきましょう!

2017年にスタートしたプレミアムフライデーとは、政府と経済界発祥のキャンペーンです。簡単に説明するなら「月の最後の金曜日はセールやお得なイベントを行い、経済を回そう!」という企画。月末の金曜に行う理由としては、人々のお給料日後に合わせているということです。

スタート時は話題となりましたが、今ではあまり話題性もなくなってしまいましたね。ただし消滅したのではなく未だに実施している企業もありますから、入社を控えている会社が行っているかもしれませんよ。

 

プレミアムフライデーを取り入れる会社は・・・

このキャンペーンは「働き方改革」に紐づいているもので、「月末の金曜日のみ、15時に仕事を終わらせる(退社できる)」のです。会社を昼間に帰れるなんて非常に嬉しいですよね。早めに仕事を上がって、ディナーや買い物を楽しもう!(=経済が回る)ということが目的です。

飲食店や衣料品販売店などはこのキャンペーンに合わせてセールを行ったり、お酒のハッピーアワーを取り入れたりしていました。現在は下火になってしまったので、あまり実施している店舗も多くないのですが……。一部の企業では未だに「15時退社」を推奨していることもありますよ。

 

プレミアムフライデーのデメリット

まずこの「15時退社」ですが、あくまで主催側が「推奨」でしているだけなので、全ての企業に導入されているわけではありません。ベンチャー企業などは実施の傾向が少なく、「プレミアムフライデーなど関係ない」と嘆く社員も多かったのだとか。

また実際に導入されていても、仕事が終わらず持ち帰りになる人もかなりいたようで……。「仕事を残すくらいなら」と結局残業になるケースも珍しくはありません。

 

このようなことから、あまり現実的な施策ではなかったために広がらなかったのでしょう。特にコロナウイルスの流行もありますから、今後はキャンペーン自体がなくなる可能性もあるかもしれませんね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ