MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職転職後はどんな相手と付き合う?元ナイトワーカーに聞いてみた!

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職転職後はどんな相手と付き合う?元ナイトワーカーに聞いてみた!
2021/09/26 (日)

昼職転職後はどんな相手と付き合う?元ナイトワーカーに聞いてみた!

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職をしているとお付き合いする相手は同業orお客さんになりがちです(笑)昼職へ転職すると恋人の職業やタイプも徐々に変わっていくのでしょうか?元ナイトワーカー女性に話を伺ってみました☆

夜のお仕事は毎日が様々な人との出会いに溢れています。異性のお客様を相手にするため、恋愛的な意味での“出会い”もいっぱい。「絶対に指名客と恋愛なんて無理!」という女の子もいれば「いや、彼氏は元お客さんばっかりよ」なんてケースも。夜職歴が長ければ長いほど同業者や指名客と付き合うことも多く、繁華街以外の出会いが年々難しくなっていくでしょう。

キャバ嬢の彼氏=ホスト/スカウトのイメージも強く、同じ職場や価値観を持っていた方が関係もうまくいきやすいのは事実です。

 

しかし繁華街を卒業すると、どうやら恋人のタイプや職業にも変化が起きるとか・・・?元ナイトワーカーたちの体験談をご紹介していきますね。昼職へ転職後の恋愛が気になってしまう方は参考にしてみてください。

 

Aさんのケース/同じ職場の会社員同士ゴールインした!

昼職へ転職したAさん。元々はバリバリのキャバ嬢でしたが年齢と共に夜職を引退。正社員として一般企業へ入社しましたが、そこで出会った上司と付き合いゴールインしたそうです。

ただし部署は違うため毎日顔を合わせる機会は少なく、2人の距離が縮まったのは彼女が入社した年の忘年会。それまでは全く接点がなかったと言っていました。

 

Aさんの勤める企業は男性7割女性3割と男女比率に差があり、社内恋愛はあまり多くなかったとか。実際女性社員が少ないと取り合いがされるイメージもあるものの(笑)、実際にそんなことはなかったようですよ。なので現在の旦那さんとの出会いはちょっぴり奇跡に近く、飲み会でもたまたま席が近かっただけなのです。

同じ職場同士でやりづらかった点はなかったですか?と尋ねたところ「他部署なのでそこは問題ありませんでした」とのこと。会社が一緒でもお互いの仕事ぶりをずっと見ているわけではないので、特に違和感を覚えずに済んだそうです。

 

Aさんはキャバ嬢時代も他店のボーイさんやスカウトと付き合っていた経験があるらしく、「恋人は同業者がいいです。仕事の悩みを分かってくれない相手と関係を続けるのは、昼も夜も関係なく難しいかも」と一言。

恋人とは仕事の悩みなど同じ価値観を共有したいタイプは、同じ会社内か同業を選ぶといい関係が築けそうですね。

 

Bさんのケース/今でも夜職時代の彼氏と付き合い続けています

昼職×夜職カップルは一見分かり合えなさそうですが、関係値が深ければそこまで問題はないとBさんは語ります。彼女は夜職の引退1年前にスカウト関係の彼氏ができ、現在もお付き合いが続いて3年目だそう。転職をしても夜時代の相手と続くケースは多数ありますから、「夜職を卒業したから別れる」のは人それぞれではないでしょうか。

 

もちろん価値観の違いは大きく、彼女も最初は仕事のことをわかってもらえず大変だったそう。向こうは昼夜逆転、こちらは朝型生活だとまるっきり正反対の時間に動いていることになっていしまいますからね。

「同棲はしていませんが、全然時間が合わないし、向こうも夜の感覚のままだしで・・・。いきなり夜に会おうとか提案されて“こっちは明日も朝から仕事なんですけど!”って怒ったことが何度もありました(苦笑)少し経った頃ようやく彼も理解してくれて、私にデートの日を会わせてくれるようになりましたけど」

 

なかなか昼職×夜職カップルだと生活時間帯や金銭感覚の違いで理解に苦しむことは少なくないとか。それでも不仲にならずにいられるのは、相手にどのくらいの理解度を示せるか?に尽きるでしょう。Bさんたちのように問題を解決できることもあれば、分かり合えず致し方なく離れることもあるはず。こればっかりはカップルごとに異なるため、一概に“こうなれます!”とは断言できませんね。

 

Cさんのケース/転職後に出会い激減!SNSが出会いのキッカケに

Cさんは美容業界に転職したのですが、職業が女性専用サロンのエステティシャンだったため職場に男性はゼロ。まさに女の花園!といった感じで“出会い”の3文字がまるでなかったと言います(笑)働くスタッフも出会いがないと嘆いており、合コンへ足しげく人もいたとか。

 

「一体どこで男と出会うのか!?ってくらい出会いがなかったですよ。店長も彼氏いない歴5年とかだし、みんな綺麗なのにフリーの人は意外と多かったかも・・・。そんな私ももちろんおひとり様歴3年を突破したところで、危機感を覚えまして(笑)ちょうど個人のインスタを積極的に動かしていたので、そこで今の彼と出会いましたね~」

 

夜職時代は毎日が出会いの連続で、お客様に口説かれることも多かったCさん。それが嘘のように激減し戸惑いを隠せませんでしたが、SNSのDMにて今の彼氏と交流を始めます。同じ趣味という共通点でお近づきになり、数年ぶりの恋人をゲットすることができました。

「洋服が好きでポストも頑張り、結構フォロワーも集めていたんですよね。ハッシュタグつけまくって、いろんな人に絡みに行って・・・。そんな時に彼と出会いました。リアルな出会いがなかったので、まさかSNSがいい方向へ作用するとは驚きです。まぁ出会い目的でわざとアカウントを動かしていたわけじゃない、というのが最大のポイントかもしれませんが」

 

今やマッチングアプリも主流となった時代。ネット上での出会いはもはや珍しいことではないのでしょうね。

 

昼職に転職後も自分にとってベストな恋愛をしよう

昼職に転職したからといって恋愛ができないことはまずありません。出会いの数は少し減ってしまうかもしれませんが、それでも良い相手を見つけて幸せに暮らしているひともたくさんいます。繁華街だけでの恋愛ではなく、更に広い世界を知ることでより良い恋ができるかもしれませんよ。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ