MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職転職後のお金の貯め方について。どうすれば節約できる?パート1

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職転職後のお金の貯め方について。どうすれば節約できる?パート1
2020/02/02 (日)

昼職転職後のお金の貯め方について。どうすれば節約できる?パート1

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は転職後の貯金についてお話したいと思います。夜職でうまく貯金ができなかった人は、知らず知らずのうちにお金を遣ってしまっていることが原因です。昼職になると月一回のお給料でやりくりしなくてはなりません。ちょっとした節約テクを身につけて、上手にお金を貯めていきましょう!

ついついナイトワーカーはちょっとしたことでお金を遣いがち。生活時間帯が夜メインですから、開いている飲食店の単価が高いのはよくあること。

また「スーパーがやっていないから」とフラッとコンビニに寄ってしまうのもあるあるです。

 

ちょこちょこお金を遣っているうちに、気付けばレシートが財布にたんまり!これを繰り返していると、すぐにお金がなくなってしまいます。

「何に遣ったかわからないけど、気付いたらなかった・・・」という、最も悲しいパターンですね。

 

昼職では月一回のお給料で、水商売のような昇給システムはありません。(※営業を除く)

そのためしっかりとした金銭感覚を身に着け、貯金するクセをつける必要があります。

まずは一体自分が何にお金を遣っているのか?削れる部分はないか?しっかりと見直しをしてみましょう。

 

ネイル代やサロン代は節約できる

まず削りやすいのが美容代。夜職御用達の深夜営業、または繁華街の真ん中にあるサロン通いをやめましょう。

これら価格がやや高めに設定されています。まさにナイトワーカー向けのサロンと言えますね。

 

実際に高い技術を持っている場合も多いのですが、転職後も同様の価格を払い続けるとお金が持ちません。

そのため昼間営業しているサロンに切り替え、美容代を抑えましょう。

エクステやスカルプも支払う金額が高くなる原因となります。ケアやオフも大変なので、転職後は少し“身軽”にするといいかもしれません。

 

またワンカラーやラメグラならセルフネイルでも可能です。

 

飲み代を抑える

ついついかかってしまう飲み代。バーやサパーの同業付き合い等でハシゴしていると、あっという間にお金が飛びます。

これを転職後にも行っていたら危険。貯金を切り崩しながら生活をするのはリスキーです。

付き合いや友人関係など色々あるとは思いますが、少しの間は繁華街から離れるといいかもしれません。

 

昼職のお給料でサパーをハシゴ、あちこちでシャンパンを開けていては本当に貯金ができなくなってしまいます。

よく「夜職なのにいつもお金がない」という人は、同業付き合いが多すぎる・良すぎるというパターンもあるんだとか。稼いだお金を同業だけで飛ばしてしまったら、もったいないですよね。

 

転職後はもう昼の人間。夜の世界から卒業したのですから、つかず離れずの距離で過ごすのが良いと思います。

 

パート2へ続きます!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ