まずは相談無料のヒルコレカウンセラーに相談!
探そう。自分に合ったとっておきの仕事。

昼職転職をお店の店長が認めてくれない場合の対処法

ナイトワークから昼職に転職するにあたって、
「お店の店長が引き止めて辞めさせてくれないんです、、、」 こういった問い合わせを受けることがあります。
スムーズに昼職へ転職するにあたってのコツはなんでしょうか?
引きとめを受けた際の心構えについて書きます。

昼職転職したいが、お店が引き止めてくる場合の対処法とは?

ヒルコレにもよく入る問い合わせの一つです。

お店はそりゃ引き止めます

夜のお店に取って女性は商品であり、大事な売上を作る必要不可欠な存在です。
辞められるのは当然困ることなので、止めない店長はまずいません。

「○○ちゃんはまだ若いから夜職続けられるでしょ?」
「今繁忙期だから抜けられるとキャスト足りなくて困るんだよね」

いろいろ引きとめの台詞はあるでしょうが、必死に止めてきます。

昼職に限らず転職する年齢は非常に重要

夜から昼職へ、というケースに限らず、
企業の求人応募条件として、29歳まで、34歳まで、
という条件を希望の会社様は多いです。
ヒルコレに過去キャリアカウンセリングに来られた女性も、
結局店長に引き止められて昼職探しを断念、した方もおられますが、
年齢を重ねれば重ねるほど、ますます昼職転職へのハードルは上がります。

昼職へ転職するという意志を強く持つこと

昼職に転職されるぐらいなら、時給や待遇を改善してくれるお店もあるかもしれません。
それならもうちょっと続けようかな、という意思も否定はしません。
一方で後からもうちょっと早く動いておけばよかったという女性が本当に多いです。
そうならないために、思い切って夜を卒業する、という意思を強く持つことも重要だと思います。

最後に一言

自分の人生を決められるのは自分だけです。
思い切って一歩踏み出す勇気を持ちましょう。
ヒルコレは皆様の背中を押します。
お気軽にご相談ください。

昼職コレクションからのお知らせ

         
まずはカウンセラーにお仕事相談してみませんか?
土日も対応!もちろん無料です!