MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職の採用面接を絶対にバックレてはいけない理由

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職の採用面接を絶対にバックレてはいけない理由
2021/10/04 (月)

昼職の採用面接を絶対にバックレてはいけない理由

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職歴が長いと一般的な感覚を失い、遅刻やバックレが当たり前となってしまう人もいるでしょう。しかし昼職で同じことを繰り返せば、取り返しのつかない事態を招いてしまいますよ。転職時の面接バックレがNGな理由を解説していきます。

昼の世界では言語道断なバックレですが、夜の世界では無断欠勤、飛ぶことなど日常茶飯時なはず。毎日誰かが入店し、誰かが辞め、ドタキャンやバックレが当たり前と化していることから、一般的な常識が薄くなってしまうのが夜職というもの。モチロン業界入りした時から変わらない人もいますが、多くのナイトワーカーは悪い部分に染まってしまいがち。

面接やお店をバックレた経験が一度でもある場合、すっかりとそれに慣れ切ってしまうケースも見受けられます。

 

もし「行くのが面倒臭い」「気分が乗らなくなった」「他で採用をもらったから断りの連絡を入れるのがダルくて・・・」といった理由で採用面接をすっぽかしてしまった場合は、どうなってしまうのでしょうか?今回はそのリスクを紹介していきますね。

 

転職エージェントを経由した場合のバックレは超危険!

もしあなたが何らかの転職エージェントを経由して勤め先を探していたとしましょう。面接の予定も立っていたのにバックレをすれば、想像通り大変なことが起こってしまいます。

 

まず転職エージェントを使うということは、夜職で現わすならスカウトマンを通してお店探しをするのと全く同じです。きちんと予定通りに事が進まなければ当然連絡が入りますし、きちんと約束事を守れない人とみなされます。

夜の世界なら「まぁナイトワーカーだし」と“仕方ない”で済ませられるのですが、スカウトマンやお店によっては一発NGになることだってありますよね。昼職だと速攻で一発NGに加え、最悪の場合はブラックリストに載ってしまいます。

 

あなたがきちんと予定通りに来なければ、当然エージェントと企業側の信頼も失われることになってしまうからです。ブラックリストに名前が載って、それを関連企業に回してしまえば身動きも取れなくなってしまうもの。夜職よりも遥かにバックレに厳しいのが昼の世界だと思っていてください。

体調を崩してリスケならまだしも、無断で音信不通ほど非常識なものはありませんよ!

 

他の企業に受かっても・・・バックレのリスクは転職後にもある?

「他の企業に受かっているから面接にいいや」「連絡するのがダルいしバックレよう」と、転職先が決まった際に他の面接アポを無断で飛ばす人も実は多いんです。一言連絡さえ入れればいいことを、どうしても面倒臭がってそのままにしてしまうケースが後を絶ちません。

 

「もう転職先が決まったし」とすっかり安心しきっていることから起きる事例ですが、バックレたリスクは転職後にも潜んでいることを知って下さい。もし取引先や関わりの深い相手先がバックレた会社だったら・・・。気まずいことこの上ないですよね。

入社前にバックレたんだし大丈夫じゃないの?と思っている人もいますが、いつどのような形でその事実がバレてしまうかは分かりません。面接にきて落とした人よりも、バックレた人間の方が意外と印象に残っていたりするものですよ・・・!(苦笑)

 

特にあなたが変わった名字・名前だったり、経歴が特殊だとその会社の人間が覚えている可能性も高いです。過去の事実が知られ、現会社で信頼を失ってしまうのは困りますよね。このような悲惨な事態を防ぐためにも、バックレは絶対にNGなのです。

 

侮るなかれ、バックレの恐怖は他にもたくさん!

「あまり大手企業じゃなさそうだし、いっか」を会社を甘く見てバックレてしまい、実は大手グループの子会社だったケースも多々あります。そうなれば先ほど説明した“ブラックリスト”に掲載され、グループ企業間で情報を全て共有されてしまう恐れが。

想像以上に大きな企業・グループ展開が広い企業だった場合、あなたの選択肢がなくなってしまうのです。面接バックレをした人間をわざわざ雇いたいところなどありませんからね。会社のネームバリューや規模だけで判断せず、社会人としてのマナーは守るべきでしょう。

 

また地方で就職する場合もバックレには要注意で、横のつながりが非常に深いことがとても多いのです。地方へ行けば行くほどその土地の関わりが大きくなっていき、それぞれの情報を共有していることもザラ。つまりバックレが出ればその人の情報も流されてしまうため、もうその地での就職がほぼ不可能になってしまう怖いお話も!

 

バックレるのは一瞬ですが、あとあとになってから襲い掛かってくるリスクは大変恐ろしいものですね。その時の感情だけでなく後先をきちんと考えた上で行動をしてください。

 

バックレはいいことなし!社会人ならきちんとした対応を心がけて

そもそも無断でキャンセルしていいことはありません。面接辞退をするにしろ、受けるにしろ、大人として最低限のマナーはしっかりと守りましょう。それができなければ例え就職できても、結局続かないと思われます。

バックレたくなったら今の自分ではなく、数か月後、一年後の自分をイメージしてみて。その時にバックレた経験が何か役に立つのでしょうか?将来のことを考えながら転職活動を行い、自分が不利になる原因のタネを自分で振りまかないように気を付けてくださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ