MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職のリハビリにWワーク、メリットとデメリットとは?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職のリハビリにWワーク、メリットとデメリットとは?
2020/09/24 (木)

昼職のリハビリにWワーク、メリットとデメリットとは?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆いきなり週5日昼の世界で働くのって、少し不安に思えませんか?そんな気持ちからまずは昼・夜働くWワーカーから始める人も多いようです。そのメリットとデメリットについて解説していきますよ☆

元昼職だけど昼一本にするのは怖い、昼職未経験だからまずは昼の世界に慣れたい、そんな思いからWワークをする人も多いのだとか。社会復帰のためにアルバイトから始めるのもいいことですし、昼の世界に飛び込もう!という意思はとても素晴らしいもの。徐々に慣らしていって、いずれは昼職一本へ・・・そんな考えも大いにアリだと思います。

ただWワークは稼働時間が増えるため、想像以上に大変です。メリットとデメリットを知り、どう動くかをまずは考えましょう。

 

Wワークのメリット

Wワークをすることで得られるメリットは、まず視野が広がること。今まで夜の世界にしかいなかった人が昼に働くと、様々なことが学べるのです。夜とは感覚も違いますので、とても勉強になるはず!視野が広がることで考えも柔軟になるため、このメリットはとても大きいものです。

次に昼職復帰、または就職において有利になります。これはバイト先で正社員登用の話があったり、昼職の勤め先を知り合った人から紹介してもらえたり、何か資格を取れる可能性も。接客以外のスキルが身につくので、昼職を目指している人にとっては良いことが多いと思いますよ!

 

Wワークのデメリット

昼も夜も働くので、デメリットはとにかく疲れるということ。自分の時間がなくなってしまうほか、たくさん働けばいつもバタバタしている状態となってしまいます。睡眠時間も場合によっては削られがちなので、Wワークをするなら体調管理はぬかりなく行わなくてはなりません。

またWワークしたからといって、お給料が上がるとも限りません。夜がおろそかになったり、昼の方で少ししか働かなければ収入が2倍、3倍ということは難しいでしょう。どちらもフルで働く、夜職を怠らないなどしなければ、収入面では大きな期待はできないということです。

 

少々辛口なデメリットを挙げてしまいましたが、それでも昼の世界を知り、働くことはとても大切!まずはWワークから始めてみるのも一つの手ですよ。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ