MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職に転職するメリットはあるのか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職に転職するメリットはあるのか?
2019/11/23 (土)

昼職に転職するメリットはあるのか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職が長くなってくると、いつかは業界の卒業を考え始めるでしょう。しかしその時、昼職に就くメリットを考えたことはあるでしょうか?「ただなんとなく」で転職するよりも、きちんと良い点・悪い点を理解しておくことが大切ですよ☆

メリットその1☆様々な感覚のズレが矯正される

まず筆者が転職して思ったのはダントツでこれ。夜に働き、寝るのは朝、仕事ちゅう大金が飛び交うのが普通・・・という生活を繰り返していると、どんどん一般的な感覚からかけ離れていきます。

 

金銭感覚はもちろんのこと、毎日朝~昼まで飲み歩く、派手な整形を繰り返す、時間にルーズな点もです。夜職は誰かにこっぴどく叱られることもなく、最低限のルールしか設けられていませんよね。自分をしっかり持っていないと流され、どんどん良くない方向へ走ってしまいます。

この世で“普通”と定義されていることからあまりに離れすぎると、夜以外の世界で生きることが困難になるでしょう。

 

これが昼職へ転職することによって、徐々に矯正されていきます。今までは世間の流れから逆走していたのが、周りと足並みを揃えて生活することで、失った感覚を取り戻すことができるのです。

 

メリットその2☆偏見の目から解放される

あえて夜職を選ぶ女の子は以前に比べて増えました。水商売のキャストがメディアに出たりと、夜職に対しての偏見は年々少なくなってきています。大学を出てキャバ嬢になった人もいれば、国家資格を持っていながら風俗という仕事を選んだ人もいます。ですから一概に夜職と言っても、色々な人間が居るのです。

 

けれどもそういった内部事情は、夜の世界に入ってみないと分かりません。少なくなったとは言えど見はついて回るもの。ナイトワークを好んでしていても、まだまだ夜職=ワケあり、などと思われてしまうケースは非常に多いのです。

 

「昼の人にそう思われても仕方がない」と割り切ってはいても、傷つく時だってありますよね。偏見から、なかなか自分の仕事が言い出せないという女の子も多いでしょう。特に風俗やAVは親に隠しながらやっている人も多く見受けられ、年齢を重ねるたびに苦しむ人もいます。

 

昼職に就くことによって仕事を隠す必要がなくなるのは嬉しいこと。偏見の目にさらされることもなくなるので、精神的な負担は随分と軽くなるでしょう。

 

メリットその3☆お客様と連絡を取るストレスがなくなる

夜職はお客様と常に繋がってる状態ですので、24時間誰かれ構わず連絡が来ます。客数の多いキャストさんなら常にスマホが鳴っている、なんてことも普通。寝ようと思ったら電話が鳴り、「今から来いよ!」やお客様の暇電、ガチ恋の方へのあしらいで苦労する出来事も珍しくはありません。

たまにはスマホの電源を切って連絡を断ちたくなる日もあるでしょう。いくら営業に欠かせないと言えど、連絡が来るストレスというのは非常に重たいものです。

 

昼職でも連絡は取り合いますが、それはあくまでも“仕事”での連絡。そのため深夜に電話が鳴る、しつこくメールがくるなんてことはありません。常識的に考えて夜遅くの連絡は失礼にあたるからです。

 

ですから常に誰かと連絡を取るストレスから解放されます。夜職が嫌になってくると電話やラインの着信音だけで気が重くなるので、この負担から解放されるのは、相当大きいですよね。いつもいつも人と繋がっているのは非常に疲れるので、元から連絡が苦手な方にとってのメリットはとても大きいのではないでしょうか?

 

いかがだったでしょうか?次回はメリットについて☆パート2をお送りします!

 

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ