MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職に転職することは逃げではない!人生設計は早めに立てるが吉

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職に転職することは逃げではない!人生設計は早めに立てるが吉
2020/05/07 (木)

昼職に転職することは逃げではない!人生設計は早めに立てるが吉

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆時折昼職へ転職するキャストに対し「夜で売れなかったんだね」「稼げなかったんだから逃げたんでしょ」と心無い一言を浴びせる人がいます。こんな言葉に反応する必要は全くありません!転職できたことを誇りに持って、前へ進んでいきましょう!

以前元夜職の友達から、こんな相談を受けました。

 

「昼職へ転職すると言ったら、同じ店のキャストに馬鹿にされてしまいました」

 

話を聞くと彼女は転職するため店を辞める旨を説明。小さなお店だったようで、良くも悪くもアットホームらしく、辞める話はすぐにキャストへ広まりました。

その時に「対して売れていなかったから辞めたんだ」などと心無い陰口を言われてしまったそうです。

 

もちろんそんな言葉を気にする必要などありませんが、残りの出勤日が憂鬱だと嘆いていました。

しかし彼女の選択は何も逃げではありません。夜職から昼職へ転職することは、思い切っても実行できない人も多いからです。

 

確かにその女の子は爆発的に売れていたタイプではありませんでしたが、夜を上がるタイミングを見つけられたのは素晴らしいこと。

いずれはほとんどの人が業界を卒業することになりますから、人生設計はしっかりと立てておかなくてはなりません。

 

昼職は安月給だから、朝起きれないから、週に5日も働けないから、という理由でダラダラ夜職を続ける方が危険です。

何の目標もありませんから、いざ夜を続けられなくなった時、一番路頭に迷うタイプでしょう。

そうなった時には30代を過ぎ、採用枠も大幅に狭まっている……なんてケースも十分あり得ます。

 

残念ながら昼職は長く一つの会社にいてほしいため、18歳~35歳までと採用の年齢制限を設けている企業も多いです。

仮に34歳だったとしても、基準としたらギリギリ。20歳と34歳の志望者がいれば、会社はフレッシュな20代を選ぶ確率が高いでしょう。

 

このように年齢が進むと、就活で厳しい現実を突き付けられる可能性はぐんぐん上がります。

ですから早めに昼職への転職プランを立てておくのは、非常にいいことなのです。

 

辞める理由はキャストに言わない

夜の世界は毎日、色々な人間が出入りしています。

そのため入店理由(お金が欲しいなど)や退店理由は正直にキャストへ言う必要はないでしょう。

小さなお店ならすぐに話は回りますし、最悪の場合尾ひれをつけて噂が流れる場合も。

 

昼職へ転職する、といった話や寿退職といった内容は、ひがみや妬みを生みやすいのです。

共に働いてきたキャスト同士ではありますが、友達や家族ではありません。もうやめるのですから、本当の理由は隠しておく方が無難だと思います。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ