MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職に転職した元ナイトワーカー、その後は・・・

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職に転職した元ナイトワーカー、その後は・・・
2020/03/18 (水)

昼職に転職した元ナイトワーカー、その後は・・・

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆私の周りには昼職に転職したナイトワーカーが多いのですが、気になるのは「その後」ですよね。仮に転職ができても、続かなければ意味がありません。今回は知人の例をご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

私の周りには昼職に転職元ナイトワーカーが数名います。

年齢はバラバラでしたが、上がるタイミングは皆似たり寄ったりで、一人が上がると「私もどうしよう」と悩み始めるパターンが多かったですね。

 

五人ほど夜を上がり、今でも昼職が続いているのは自分含め二人。

こう考えるとちょっぴり継続率が低く思えますが、意外とリアルな数字かもしれません。

 

今も昼職を続けている友人A

現在も昼職を続けているAはバリバリのナイトワーカーで、ソープランドを週6日出勤するバイタリティある女の子でした。

どちらかと言えばどっぷり夜に浸かっているタイプで、絶対一生夜職でしょ!と周りに言われていたほど。笑

彼女が転職したときは、つい驚いてしまいました。そのくらい、昼職とはあまり縁がなさそうに見えたのです。(失礼な言い方ですが)

 

Aは人と接することが好きだったようで、営業職へ。

今でも成績を出し続け、昼職ライフは充実しているようです。

 

意外と夜職どっぷりタイプの方が、昼職へ移行するのも割り切れるのかも・・・?

何かを一生懸命出来るという強みは、どんな世界へ行っても通用しますからね!

 

夜職へ出戻りしたB

Aとは反して夜職に出戻ったB。彼女はAの転職に触発されて昼職を目指し始めたのです。

特にやりたいこともなかったのですが、人柄が良いので面接はあっさりとパス。晴れて事務の仕事に就くことができました。

元々彼女は昼職→夜職だったため、再び昼の世界へ。

 

最初は刺激的だったようですが・・・だんだんと昼職に飽きを感じてきたのだとか。

毎日似たようなことの繰り返しで、嫌気が差してしまったようです。

 

夜職の刺激が彼女には合っていたようで、現在は夜一本へと出戻りをしています。

一度華やかな夜の世界を知ってしまうと、昼職がやや味気なく感じてしまうのかも?

 

二人のケースをご紹介しましたが、転職後どう感じるかは人それぞれ。

Bのように「やっぱり夜が良い」と思えば、それも一つの生き方なのではないでしょうか?

まずは一度行動してみることが大切。その上で合っている・合っていないを決めるといいでしょう。

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ