MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職と夜職の掛け持ちってアリ?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職と夜職の掛け持ちってアリ?
2019/09/29 (日)

昼職と夜職の掛け持ちってアリ?

 

元昼職&夜職掛け持ちのしらいしあやが語る

職種にもよりますが、昼職と夜職の掛け持ちはとっても大変です!笑

 

18歳の時、私は飲食店で働いていました。お給料がとても少なく、生活するのが精一杯だったために夜の世界へ。

 

飲食店となるとシフトは二交代制で、早番、遅番と分かれていました、

 

早番が朝の9時出勤〜19時退勤、遅番は12時出勤〜22時退勤でしたね。

 

早番・遅番と仕事の終わる時間がバラバラだったことから、深夜に営業しているキャバクラを選びました。

 

深夜営業の店舗なら、出勤時間も遅いので遅番の日でもお店に出られたからです。

 

しかし深夜営業となると、終わるのは朝方。アフターに行ってしまえば、とんでもない時間まで働いていることになります。笑

 

寝ないでお昼の仕事に向かうこともあったし、休みの日は寝て過ごすだけの日々も多かったです……。

 

正直なところ、今やれ!と言われてもできません。笑

 

若さだけでどうにかこうにかこなしていた……というところでしょうか。

 

なので昼職と夜職を掛け持ちしようか悩んでいるのなら、それなりの覚悟が必要だと思います。

 

出勤を減らしても掛け持ちはやめたほうがいいのか?

たまにお客様の来るときだけ出勤する、というスタイルをとっている女の子もいます。売り上げ・指名と共にずっとお店に貢献してきたのなら、そういった体制でも在籍を許されるかもしれません。

 

しかし相当売り上げ等がない限り、週一出勤で雇ってくれるお店を見つけるのは難しいところ。

 

風俗店となれば話は別ですが、やはり昼職に移ってからも風俗を続けるのはリスキーです。

 

男性の多い職場なら、同じ会社の男性がお客様として来店してしまう可能性があるからです。(これはキャバクラでも同じですが……。)

 

働き方改革によって副業を許可した会社は増えましたが、それでもまだ多くはありません。ほとんどの会社が副業を禁止しているため、バレてしまった場合処分を下されてしまうでしょう。

 

それに風俗勤務やキャバクラ勤務を職場の人に知られるのは、あまりいい気分がしませんよね。

 

そのため昼職へ転職する!と強く決めたのなら、きっぱりナイト業界からは手を引くほうが懸命かと思います。

 

そのために貯金は必須!

以前のコラムでも書きましたが、昼職に移りたいのなら貯金は必須です。

 

全く貯金のない状態で転職するのは危険と言えます。金銭感覚がずれたまま昼職に就いても、結局生活に困ってナイトワークへ出戻りしてしまうからです。

 

昼色の中でも比較的お給料の高い職種はたくさんあるので、ぜひ昼コレスタッフに御相談くださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ