MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職で仕事を休みたい時の連絡方法って?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職で仕事を休みたい時の連絡方法って?
2020/01/03 (金)

昼職で仕事を休みたい時の連絡方法って?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は昼職転職後の「欠勤連絡の仕方」についてお話していきたいと思います。。夜職の場合は担当マネージャーに連絡を入れるのが一般的ですが、昼職の場合は会社によってルールが異なるケースも。些細なことに思えますが、覚えておくと後からきっと役立つはずです。

連絡方法は会社によって異なる

夜職なら欠勤の連絡はLINEだけで済ませられることがほとんどです。罰金さえ払えば簡単に休めてしまうので、本来お店に来るべきギリギリの時間に報告をしても、そこまで大きく咎められることはありません。

しかしお昼の会社となればそうはいきません。チャットツールを利用しているのならそこでの連絡だけで済みますが、中にはLINEやチャットでの連絡が認められていない場合も。そうすれば電話をかける必要が出てきますよね。

 

また連絡先が一ヶ所のみならず、数か所に連絡を入れなくてはならない企業も存在します。特に大きな会社であると、複数の部署の上司に連絡を入れるルールが定められているのだそう。実際に筆者の友人も、欠勤の連絡は三か所(所属している部署・総務部・人事部)に入れることがマストだそうです。

 

こう考えるとLINE一本でお休みの連絡を入れられるのは非常に手軽ですよね。手軽だからこそ、当欠してしまう子が多いのも事実なのですが・・・。昼職の場合は年配の上司が多いと、未だにメール・LINEといったデジタルツールでの欠勤連絡を「失礼」と捉えている人も少なくはありません。

夜職と常識が同じだと勘違いし、失敗しないようにしましょう。もちろん入社時に欠勤や遅刻の連絡についての指導はありますから、その点は安心してくださいね。

 

メールなどのツールで連絡がOKな会社も

もちろん全ての会社が電話でないと認められないわけではなく、メールやチャットツールでの連絡でOKな会社も多いです。普段からチャットツール(LINEのようなアプリのビジネス版)を利用している会社は、全ての連絡をこのアプリに任せているため、わざわざ電話をかける必要がありません。夜職時代と欠勤報告の仕方が同じだと、なんだか少し気が楽ですよね。

 

けれどもラクだからといって「すみません、休みます」だけの記載はNG!きちんと欠勤の理由を明記した上で送信しましょう。

「昨晩から熱がある」「体がだるくて起き上がれない」など、簡単な説明で良いので書いておくこと。そして「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の一言があればより良いですね。いくらLINEやチャットと言えど、ビジネスはビジネスです。決して担当黒服に送っていたような、くだけた文章で送ってはなりません。

 

ちなみにチャットツールを利用している会社でも「欠勤の連絡のみ電話で」と言われることもあります。入社時に確認しましょう。

 

昼職は欠勤ペナルティが課せられるのか?

昼職は欠勤しても罰金が発生しません!もしペナルティを要求されるような会社があったら、それは間違いなくブラック企業です。基本的に昼職では罰金制度が設けられていることはまずないので、その点は安心していただきたいものです。

 

ですが休む理由は必ず問われますし、夜職のように「病んだ」「なんか行きたくない」という理由はまず認められません。意味のない欠勤は「サボり」と同じですから、休み癖がついてしまっている女の子は十分に気を付けてください。

夜職の担当マネージャーや店舗スタッフは女の子に優しいですから、キャストが嫌がれば無理矢理出勤させることはないでしょう。けれども昼職は違います。理由のない欠勤はできないのです。しょっちゅう欠勤を繰り返していると信用問題にも関わってきますからね。「あの人は真面目に仕事をしたくないのかもしれない」と思われてしまっては、後々やりづらくなってしまいますよ。自分で働きづらい環境を作らないようにしましょう。

 

今回は昼職のお休みの仕方について解説致しました。

細かい事ですが、こういった部分でさえ夜職と異なるもの。できれば転職前に知っておくと後々ラクかもしれません!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ