MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼職から夜職へ戻る時の覚悟

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼職から夜職へ戻る時の覚悟
2022/07/11 (月)

昼職から夜職へ戻る時の覚悟

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職から夜職へ出戻ってしまう人、実は少なくないんです。理由はさまざまですが、もし戻る時は相応の覚悟を持ちましょう。中途半端な気持ちで出戻り、昼職復帰を繰り返すのはよくありません。

昼職から夜職への出戻りは案外多い

意を決して昼の世界へ羽ばたいたものの、何らかの理由で夜職へ出戻るケースは少なくないとか。

数年間勤務したのちに戻る、勤務直後すぐに復帰する、など期間はさまざまですが、いずれにせよ“出戻った”事実に変わりはありません。

 

昼コレとしてもせっかく転職できたのであれば、出戻りはなるべく避けてほしいと思っています。

しかし、やむを得ない事情や精神的なもの、意欲が全く上がらない場合はずっと同じ世界に居続けてもメリットがないでしょう。

 

一番良くないので昼⇔夜を行き来し続け、どっちつかずの状態を長く続けてしまうこと。

出戻るなら出戻る、昼を続けるなら継続するなどきちんと覚悟を決めてください。そうでないと、いつまでも安定しない状態へ陥ってしまい行き場を失いますよ!

 

 

昼職から夜職へ出戻る理由

①金銭的な理由で

しっかり貯金をしていなかった、思ったよりも手取りが低かった、金銭感覚が治らなかった・・・など、お金の理由で出戻る方が圧倒的に多いです。

昼職の給料が夜職よりも下がるのは仕方のないことですが

 

  • 貯金をしていなかった→事前に貯めていれば苦しくなる状況は防げたかも
  • 思ったよりも手取りが低かった→事前に確認するべき
  • 金銭感覚が治らなかった→治す努力を怠っていた

 

など、あなた自身に原因が潜んでいる可能性も忘れてはなりません。

 

金銭的な理由はとても大きいですが、コントロール次第で何とかなるといったこともあります。

なので、お金の問題だけで夜の世界へ出戻るのは非常にもったいないでしょう。

 

どうしても生活が厳しい場合はWワークという手を選ぶのもOK。

せっかく掴んだ昼の世界のチャンスをムダにしないよう心がけたいものですね。

 

②恋人に言われて転職した→その後別れたから

彼氏と一緒に夜職を上がった、彼氏に「そろそろ夜をやめてほしい」と言われて上がった場合、関係が破綻した時に後悔するケースが多いようです。

「あ~やっぱりあの時辞めなきゃよかったなぁ」と思って、キャストとして返り咲くケースは意外と珍しくないもの。

 

自分の意志で転職をしないと、跡になってから後悔→結果出戻り・・・になってしまいます。

昼職への転職に誰かの後押しが欲しいこともありますが、最終的に決めるのは自分自身。

 

あまり周りの声に流され過ぎず、自分の本心に耳を傾けましょう。

 

もし「夜を上がらないなら別れる」という話が出たのなら、パートナーとうまくいかなくなった時のことまで想像してみて。

「この人のせいで人生が左右された」などの気持ちが湧き上がらないよう、しっかりと自分を保ってから考えてください。

 

③昼職が面白くなくて

転職前はドキドキワクワクしていたのに、あまり昼職に面白みを感じられず、刺激を求めて夜の世界へ戻ってしまうパターンです。

 

確かに夜職って毎日違う人と出会い、別れ、働く仲間もコロコロ変わり、大金が飛び交い・・・。

まさに非日常で刺激がたっぷりですよね。昼の世界の安定とは程遠いですが、この刺激が好きで仕事を続けている人も多いでしょう。

 

非日常と刺激を求めるタイプの人は、最初に安定的で代り映えのない職業(事務員など)を選ぶと不満が募りやすいとか。

夜職と同じくらいインセンティブがもらえる営業職、自分で仕事を取るフリーランス、自由や個性が尊重されるクリエイティブな職業などを選ぶと、退屈さを感じづらいかもしれません。

 

そもそも興味のない仕事を選べば、面白くないと感じるのは当然のこと。

就職の際は「どこでもいい」ではなく、自分が頑張れそうかつ興味の湧くお仕事や会社を選んでください。

 

 

もし昼職から夜職へ出戻るのなら覚悟を持とう

一度辞めた世界へ戻る時って、初心者の一歩を踏み出す時よりもハードルが上がりやすいです。

 

「何か理由があって戻ってきたんだな」という見られ方になりますし、心持も全くの未経験とは異なるハズ。

覚悟を決めて働かなければまた昼の世界が良く見え、何度も戻るか、どうするかをさまよう羽目になってしまうでしょう。

 

隣の芝生は青く見えるように、夜にも昼にも悪いところ・いいところが存在します。

その点をよーく考えられないと、嫌なことがあった時に逃げる癖がついてしまい、昼と夜を行き来する中途半端な人間になってしまうもの。

 

どっちつかずの状態を何度も繰り返すとその後の人生設計も不安定になりがち。

もし出戻る際はずっとその世界に身を置くぞ!くらいの覚悟は必ず持ってくださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ