MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

昼の世界にも「お局」はいるのか?もし職場にいたらどうする?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 昼の世界にも「お局」はいるのか?もし職場にいたらどうする?
2020/01/15 (水)

昼の世界にも「お局」はいるのか?もし職場にいたらどうする?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は「お局」と呼ばれる古株のお姉さまたちについてお話ししたいと思います。夜職でもお店に長く在籍しているお姉さんたちはいますよね。優しい相手ならいいのですが、中には嫌がらせや気に触ることを言ってくる人も!残念ながら昼の世界にもそういう人は一定数いるので、対処法などを解説していきますね。

優しいお姉さんと、イジワルな人の差

夜のお店と同じく、昼の会社にも古株というのはもちろんいます。勤続年数が長い方は役職関係なしに「古株」扱いであることでしょう。優しいお姉さんたちなら安心して仕事をできるのですが、残念ながらそういった人たちばかりではありません。若い子が入ってくる度に嫌味を言う、こきおろすなど、心の狭い言動を行うケースも珍しくはないのです。

新しく入ってきた社員に対して厳しい行為をはたらけば、当然辞めてしまう可能性が高いでしょう。なぜ「お局」と呼ばれる人は新人に意地悪をしてしまうのでしょうか?

 

一つは、精神面がまだ大人になりきれていないこと。

傍若無人なふるまいをしても周りが注意しなかった、誰かの言う事に耳を傾けてこなかったまま社会人生活を送り続けているのなら、精神がいつまでたっても子どものまま成長できません。類は友を呼ぶ、という言葉があるように、そういった人には似たようなタイプの人間が集まります。だからこそより見識が狭くなり、「お局」と化してしまうのです。

この場合、大人になり切れていないことが周りに知られており、みんな口には出さずとも「かわいそうな人」と思われていることばかりです・・・。

 

二つ目は自分自身に余裕がないこと。

「自分はいい年齢なのに結婚できていない」、「職場での役職もない」、「昔に比べて美貌も衰えてきた・・・」などと自信を失えば、心の余裕のなさに繋がります。本来ならそれを改善すべく動くことがベストなのですが、歳を取れば頭も固くなりますし、10代・20代に比べて腰も重くなります。コンプレックスを真っ向から受け止めるよりも誰かを批判する方が早いため、反論できない若い子をひがんだり、新人に強く当たったりするのでしょう。

 

また自信のなさだけでなく、環境の変化の恐れから嫌がらせを行うことも・・・。

フレッシュな人材が入ってくる事により、職場には新しい風が吹きますからね。本来はそうして空気を入れ替えていくのが普通なのですが、それを受け入れられない人もいるのです。今まで自分たちが創り上げてきたフィールドを壊されるのが怖い気持ちから、良くない行動へ走ってしまう人もいます。

 

こういった考えから「イジワルなお局」というのは生まれてしまうんですね。

 

職場に怖いお局がいる、対処法は?

職場にイジワルな女性がいた場合は、仕事以外のことで極力関わらないほうがいいでしょう。無理に媚を売ったりごまをするのは逆効果です。さらに面倒な事態を引き起こしかねません。きっとあなたが嫌と感じる人は、他の人も同じことを思っている可能性が高いです。

会社としても辞めてもらいたいと考えているハズですが、日本は「クビ」の制度がありませんので、無理矢理辞めさせることができないもの。広い会社なら別の部署に左遷といったこともできますが、中小企業の場合はそうもいきません。だからこそ野放しになっているように思えてしまうんですね。

できれば悪い雰囲気を作り出す人間の周りには、近寄らないほうが無難でしょう。もし何を言われても、気にしないことが大切です。

 

けれども嫌がらせや悪口が常に蔓延しているような職場は問題です。社員の輪を乱す行動をしている人を放置している会社は何らかの欠陥がありますから、退職を考えてもいいかもしれません。驚いてしまうかもしれませんが、社内でも面倒ごとを招き入れる「お局」を恐れる上層部は多いです。腫れ物に触る扱いで彼女らに接している情けない大人も多いので、この状態が続いていれば改善を見込むのは難しいでしょう。

 

世の中には優しいお姉さんがたくさんいるもの。無理に人間関係の悪い会社に居続ける必要はないのでは?と筆者は思ってしまいます。仮に仕事内容に魅力を感じでも、足を引っ張る人がいる以上ストレスが大きくなっていきます。それがきっかけで仕事に行きたくなくなってしまったら、元も子もありませんからね。

 

正直なところ、職場も上司も「ガチャ」です。夜のお店と同じで、入ってみないと分からないことも沢山出てきますよ。もし入社後、あまりに人間関係が悪いようなら転職を考えるのも手です。それは決して逃げではありませんから、辛すぎて仕事に支障が出る前に辞めてしまっても良いでしょう。

もちろん人間関係の築き方を学ぶのも大切なのですが、それがままならない環境だってあるはず。新たなフィールドへ足を踏み入れてから学ぶのも遅くはありません。

 

あなたがいい職場に巡り合えるよう、祈っています☆

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ