MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

接客スキルがない!コミュ障!そんなナイトワーカーでも就くお仕事はあるの?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 接客スキルがない!コミュ障!そんなナイトワーカーでも就くお仕事はあるの?
2021/11/21 (日)

接客スキルがない!コミュ障!そんなナイトワーカーでも就くお仕事はあるの?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職をしているとコミュニケーション能力が高いと思われがちですが、実は全員がそういうわけではないんですよね。むしろ人見知りさんも多く、接客に自信がないケースもあります。そんな方でも合うお仕事は見つかるのでしょうか?詳しく解説していきますね。

ナイトワークをしていても接客上手=お喋り好きではありません。夜の世界の接客スキルはトークが上手い、話が面白いだけではないため、全員口数が多いといったことはまずないんですよね。むしろお客様の前だけでは饒舌で、普段は物静かでおとなしい女の子も非常に多いと思います。

またキャストをしていても満足に稼げていない、指名を返すのが得意でない場合はそもそものスキルが身についていない場合も。となれば会話や人づきあいはニガテなままですし、ナイトワーカーにとっての代表的な強みを活かした職探しは困難を極めるでしょう。

 

「せっかくナイトワークをしているのに、そこを活かせない」、このことで悩み、就職先をどう選んでいいか迷ってしまうパターンも少なくはありません。コミュ障、会話が苦手、人付き合いをなるべく避けたいタイプでも、働ける会社というのはあるのでしょうか?

 

基本的に接客を選ばなければOK

自分自身がコミュ障だから、という点をコンプレックスに感じる女の子はとても多いです。それが原因で働き口さえ見つからず、昼職に転職できないと考えてしまいがちですがそんなことはないのでご安心を。単純に接客をメインとしたサービス業を選択しなければいいだけの話なので、結論としては至ってシンプル(笑)

 

やはりサービス業を選んでしまうと常に人から見られ、会話してナンボの世界になってしまいます。その点が嫌で夜職を卒業しても、また転職後に同じ気持ちを抱えれば再度仕事を辞めたくなります。なるべく夜職を上がろうと思った要因になった部分は、昼職でも避けて通った方が良いでしょう。

 

デスクワーク系など一般事務、パソコン作業が多いお仕事は接客することもないですし、あったとしても電話や来客対応くらいです。ガチガチに喋って営業をかけて……ということはしなくていいため、恐らく以前ほどのストレスを感じずに済むのではないでしょうか。

 

ただし誰とも関わらず、喋らないまま仕事をこなすことはできませんよ。最低限のコミュニケーションは取らなくてはなりませんし、一般事務や人事部に配属されたのなら来客対応などで外部とも関わる必要がでてきます。その部分はきちんと覚えておいてくださいね。

 

コミュ障なんだけど、どんなお仕事がおすすめ?

今や自分自身をコミュ障と自称する人は多く、そのレベルも人によって様々だなぁ・・・と筆者は思います。

 

知らない人を前にして頑張って喋りすぎるタイプ、お地蔵さんのように完全にだんまりになるタイプ、集団になると話せないけど個人だと大丈夫なタイプ、など本当に色々。ですから“コミュ障”と言っても、ひとくくりにはまとめられないものですね。

 

もし完全にだんまりタイプならコミュニケーションそのものが得意でない可能性が高いため、チームワークを要する仕事、会話が作業のメインになるお仕事は避けます。あまり体育会系の職場は向いていないので、無理して飛び込むと自身が辛いだけですよ。

逆にしゃべりすぎるタイプは「話すことは可能」であるため、デスクワークだけに特化しなくてもいいかもしれません。最低限コミュニケーションが取れるならどんな方向へ化けるかが分からないので、もしかすると営業系が意外とハマる確率もそう低くはないからです。

 

そして個人間だけでは盛り上がれるタイプですが、接客は辛くても通常の応対程度なら問題がないということ。このケースは小さな職場だと能力をうまく発揮できることもあるため、規模の大きくない職場を選ぶなどの工夫を。そうすることでどんなジャンルでも意外と頑張れることもあるでしょう。

 

接客スキルやコミュ障は無理に克服する必要ナシ

もうナイトワークをしないのなら接客スキルを磨く必要はありませんし、コミュ障を無理して治そうとしなくても大丈夫。むしろ心がけてほしいのは「コミュ障だし」と思い込んで、他人を受け入れられない/寄せ付けない態度を取ってしまうことです。

コミュ障を自称する人は自分でバリアを張り、自らの行いでクビを締めてしまっていることも多いんですよ。

 

こちらから話し掛けに行けないのなら、せめて“話しかけるなオーラ”を出すのはやめましょう。鋭い視線や明らかに人を避けている態度というのは周囲に必ず伝わります。それでいては寄ってくるものも全て遠ざけてしまうので非常に勿体ない!

「克服」を意識しなくてもいいのでドーンと構えられるくらいの心の広さは持ちましょうね。そうすることで職場の人間関係や物事の進め方がずいぶんと変わってくるはずです。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ