MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

年明け早々の緊急事態宣言、今後の夜職はどうなる?①

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 年明け早々の緊急事態宣言、今後の夜職はどうなる?①
2021/01/02 (土)

年明け早々の緊急事態宣言、今後の夜職はどうなる?①

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆新たな都市を迎えておめでたいモードから一変、二度目の緊急事態宣言が発令される可能性が高まりました。一年経過すればおさまると思われたコロナも、ますます複雑化していっていますね。2021年の夜職がどうなるか、一緒に予想してみましょう!

年明けからいきなり緊急事態宣言の要請がされ、国民の不安はより募るばかりです。二度目の宣言が発令されれば夜の街は再度自粛モードに包まれることでしょう。「前回はなんとかしのげたものの、二回目はきつい」といった声も多く、職を失う恐れがある人は遥かに増えるはずです。

ナイトワーカーもまた自粛となれば働く場所がなくなったり、退店を余儀なくされる可能性も大いにあり得ることでしょう。2021年の夜職は一体どうなってしまうのでしょうか?

 

コロナはおさまらない?

あくまで筆者の予想となりますが、緊急事態宣言の発令を問わず簡単には収まらないと思われます。発令したところで国民全員が自粛するとは思えませんし、しなければしないでより危機感は薄まっていくと思われます。いずれにせよ2020年3~5月のような危機感を維持することが非常に難しく、この後は「コロナがあることが当たり前」になっていくからです。これぞ“withコロナ”なのですが、危機感を持つと持たないとでは大きな差がありますよね。

残念ながらアルコール消毒や手洗い・うがいをすでに怠っている人は多く、すっかり「密」や「クラスター」を忘れている人や企業などもたくさんいます。これも危機感の薄れによるものですから、よほど酷い波(大手企業の倒産、社員半分以上の首切り、感染者数数万越えなど)が来ない限り、前回以上の恐れをなかなか保てないのが現状です。

 

よってコロナはすぐにおさまらず、更にもう一年、二年長引いてしまうことが予想されます。

 

夜職はどうなるのか

もし緊急事態宣言の二回目が発令された場合、なんとか持ちこたえた店舗も継続が怪しいかもしれません。特に接待のお客様が多いお店・地域はより厳しくなるでしょう。グループ展開のあるお店は合併や合同営業も考えられます。来店するフリーのお客様はますます期待ができなくなる可能性もありますね。

けれども劇的に減ることはなく、一回目の宣言を乗り越えられた店舗の半分~くらいは残るのではないでしょうか。コロナだから全員のお客様が切れるわけでも、フリーがゼロになるわけでもないですし、「お店が減った分、行ける場所が限られるようになった」という話もあるからです。

必ずしもナイトワーカーが悲惨な思いをするとは言い切れません。一回目の宣言とはまたワケが違うので、倒れ方や継続の仕方も異なってくると思われますね!

 

パート②へ続きます!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ