MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

平日休みの昼職に就くメリット/デメリット

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 平日休みの昼職に就くメリット/デメリット
2021/09/30 (木)

平日休みの昼職に就くメリット/デメリット

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職の全てが土日休みということはなく、平日休みのお仕事もたくさんあるもの。ナイトワーカーは自由にシフトを提出できるため、平日に休暇を取るのが好きなタイプも多いですよね。職選びに困ったら休暇の面も視野に入れながら考えてみましょう☆

昼職に転職すれば休みは土日……と思いがちですが、職業によっては平日休みということもあります。サービス業(飲食、アパレル、美容関係など)は人が混み合う日に働くのが一般的で、そうでない時に休みを取るのが通常の流れ。つまりお盆や年末年始、連休といった世間のお休みからは逆走することになるでしょう。

 

一見デメリットが多そうに思えますが、実際はメリットも複数あるので侮れないものです。今まで完全自由出勤だった、店休のないお店に勤務していた場合は、ひょっとすると平日休みの方が合っているかも……?自分の希望を考えながらお仕事を選択してみてくださいね。

 

平日休みの昼職に就くメリット

平日休みのお仕事にはどんなメリットがあるでしょうか?一つ一つその良さをご紹介していきますね。

 

メリットその①街に人が少ないため動きやすい

やはり平日休み最大のメリットと言えるのがコレ。土日休みだとどこへ行っても混んでいて、テーマパークや人気のカフェは長蛇の列が並んでいることもザラにあるでしょう。あまり混雑しすぎていて諦めてしまった経験はないですか?平日休みならよほどのことがない限り、混雑を避けることが可能です。

 

人気の飲食店の予約も比較的に取りやすいですし、フラッとカフェに入ても座れないことはほぼありません。人混みが苦手なタイプにはまず嬉しいことでしょう。「混んでいて後の予定が遅れてしまった」ということも極めて少ないので、時間通りに計画を立てやすいという利点も。

東京や関東に住んでいる以上、“街に居る人が少ない”のはたいへん有難いことですよね。病院や美容系サロンなども予約が取りやすい傾向にあるため、行くのが面倒にならないなどの意見もありました。

 

メリットその②平日にあるサービスの恩恵をうけやすい

水曜日はレディースデ―、金曜日はプレミアムフライデーなど、平日に行われているサービスを楽しむこともできます。土日休みだと仕事帰りにわざわざどこかへ寄らなければサービスがあったことさえ気づかないかもしれません。

プレミアムフライデーも一時期話題となりましたが、なんやかんやで昼間に退社できる企業は極めて少なく……。付随して開催されているイベントに全く参加できなかったなんて話もよくあること。

 

働いているとついつい忘れがちなサービスがしっかりと楽しめるのも、平日休みならではのメリットです。

 

メリットその③手続き関係を早く終わらせられる

社会人になると避けられないのが役所などの手続き関係。住民票の発行や入居/転居届の提出、免許の更新や口座開設の手続き。郵送やネットだけで済ませられるものもありますが、多くの場合は自らその場所に出向かなければなりません。

土日休みならたいてい土曜日に手続きを行うのですが、これまた驚くほど混んでいるんですよね……。かといって平日行くのは不可能ですので、特に行政関係の件は多くの社会人の頭を悩ましています。役所も朝9時~17時までしか開いていないなど、大人にはあまり優しくない営業時間帯と言えるでしょう(苦笑)

 

それが平日休みだと、空いている時に手続きを済ませられるので本当にラク!また専用コールセンターなども平日しか受け付けていないケースも多いので、電話もかかりやすいのが嬉しいポイントですね。

 

平日休みの昼職に就くデメリット

少しいいことばかりに思えますが、もちろんデメリットも存在します。平日休みを謳歌できるタイプとそうでない人がいるのは普通のことですので、自分にどう合っているか?が大事になってくるでしょう。

 

デメリットその①人と予定が合わない

平日休み同士の友達が多ければいいのですが、周りが土日休みの人ばかりだと自然と予定を合わせるのが難しくなります。どちらかが有給を使わないと会えなかったり、シフト制の方がいつも休みを合わせるなど偏りがちになるでしょう。予定を絶対に合わせても会いたい相手なら良いのですが、そうでない限りは疎遠になるケースも珍しくはありません・・・。

 

筆者も実は人生初の昼職が平日休みで、周りとスケジュールがすれ違うことが続いて辛かったです。結局休みが合う同士とばかり遊ぶようになってしまい、OLの知人らとは会う機会がめっきり減った時期もありました。

 

常に休みの日は誰かと会っていたい、遊んでいたいタイプには少々キツイかもしれません。

 

デメリットその②連休が取りづらい

平日休みの場合はサービス業であることも多いので、連休が取りづらい傾向にあります。週休2日制であってもなかなか休みをくっつけられないケースも多いですね。連休にしたい場合は事前相談となってしまうでしょう。

旅行に行きたい時などは仕方がないのですが、シフト制だと連休を取った分連勤になります(笑)それを仕方ないと割り切れるか、ゼッタイに2連休は欲しい!と感じるかは人それぞれ。平日休みかつシフト制のお仕事の人はみんなそのようにやりくりしているのが一般的。

 

また繁忙期と呼ばれるお盆や年末年始はよほどのことがない限り休めません。世間が落ち着いた頃に休暇を取る形となりますので、平日休みを希望するなら覚えておくと◎です!

 

平日休みのお仕事も魅力的!元ナイトワーカーは検討してみよう

夜職時代に平日休みを取っていたタイプは、昼職似たような休暇の取り方ができると今までの生活を変えすぎずに過ごすことができます。サービス業以外でも平日にお休みできるお仕事はたくさんありますので探してみましょう。昼コレでも平日休みの職業を紹介することも可能ですよ。お気軽にお問い合わせくださいね☆

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ