MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

就職先が決まった!ベストなお店の辞め方は?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 就職先が決まった!ベストなお店の辞め方は?
2019/10/27 (日)

就職先が決まった!ベストなお店の辞め方は?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆転職活動を終え、晴れて就職先が決まった女の子もいるでしょう。その時どうやってお店を辞めるかについて考えたことはありますか?もちろん無断で退店するのは良くありません。後々トラブルにならないよう正しい辞め方を覚えましょう。

きちんと退店の旨を伝える

就職先が決まり、お店を辞めるときはきちんと「辞めます」の一言を黒服・スタッフに伝えましょう。夜の世界は飛んでもその後を追うことはなく、日夜様々なキャストが出入りしています。ナイトワーカーの中には「ちゃんと辞めたことがない」という人もいますが、お店にお世話になった以上失礼な辞め方は絶対にしないこと。

指名が多く、売れっ子なら尚更です。卒業にあたってお客様にも連絡をする必要がありますから、お店には早めに退店の旨を伝えるのがベストでしょう。多くの場合は最低1か月前に伝えるもの、と店内の規約に書いてあるはずですよ。

 

ちなみに風俗店勤務の場合、よほど指名が多くない限りは退店を前もって言う必要がありません。「今日の出勤で辞めます!」「今すぐ辞めたいです!」が通用する世界ですから、辞める日も自分で決めてOKです。ただし売れっ子の場合はキャバクラ同様1か月前からスタッフに伝え、お客様にも告知しておけばラストのラストまで稼ぐことができますね。

ただしどちらの場合も「辞める」と言えば、必ず「今後は外で会おうよ」と言い出すお客様が現れます(笑)そのことを覚悟したうえで事前告知を行って下さい。

 

一番良くないのは飛んでしまうこと。在籍年数が長いお店を飛ぶことはないと思いますが、特にお店に思い入れがない場合は飛んでしまう女の子も多数。

風俗の場合は正式に辞めないとサイト上に在籍写真が残ったままになってしまう可能性があります。その写真をいつまでも消してもらえない・・・なんてケースも考えられるので、絶対に退店の旨は伝えましょう。

 

辞める理由を言う必要はあるのか?

退店するにあたって理由を尋ねられることもあります。この時、正直に就職と言っていいか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?本当のことを話したくないが故に「親が倒れて」や「病気で」と分かりやすい嘘をつくケースも見られますが、これは考えもの。お店との信頼関係がきちんと築けているなら正直に話しても問題はないでしょう。

よほど売り上げや指名がない限り引き留めにあうことはありませんし、仮にあったとしても「退店させない!」といったことはないと思いますよ。長く在籍しているお店なら、きっとあなたを気持ちよく送り出してくれるはずです。

「親が倒れた」「ちょっと病気になってしまった」「彼氏が辞めろっていうから」などの理由を使うと、「ワンチャン戻ってくるかな?」といった印象を与えがちです。親御さんや自分の病気が治ったり、彼氏と別れたなら復帰するかもしれないと相手に思わせてしまうかもしれません。昼職に転職となれば前者の理由よりも戻って来づらい雰囲気がありますので、正直に伝えた方が色々とラクなことも多いと思います。

 

ただし辞めるにあたって、悪質なお店も存在しているので注意が必要です。辞めても在籍写真を消してくれない、辞める時に給料を支払わないと脅された話もまれに聞きます。退店する際に手のひらを返してくる、悪質なお店の典型的パターンですね。

こうなってしまった場合は警察の生活安全課に相談、またはそのお店を紹介した担当スカウトに間を取り持ってもらうかです。在籍時は優しかったのに、退店時にいきなり冷たくなったなんて話も珍しくはないので、気をつけましょう。

 

会社名や場所はハッキリと言わない

当たり前ですが、転職先の会社名や場所はハッキリと言わない方が良いです。お客様に「どんな業種?どこ駅?」と何気なく聞かれることもありますが、正直に話してしまうと場所や会社を特定されやすいのです。例えば「東新宿駅のIT系の会社だよ」なんて素直に言えば、「あの辺かな・・・」と目星をつけられてしまう可能性も。後々面倒なことにならないよう、どんなに仲が良いお客様でも本当のことは言わないようにしましょう。

黒服に関しても同様です。残念ですが夜の世界はやはり信用度に欠けますから、共に働いていた人間が明日敵になることもあるでしょう。場所を聞かれたら方面だけぼやっと伝えるなどして、詳しいことは伏せておく方が無難ですよ。

 

悪い辞め方はしない方が◎

立つ鳥跡を濁さず、という言葉があるように悪い辞め方(飛ぶ、喧嘩して辞める)はしない方がいいです。

 

あまり出戻りは良くないのですが、仮に昼職でうまくいかなかった場合、きちんと辞めていれば出戻りを受け入れてもらえるからです。(自分で決めたからには昼職をきちんと頑張るのが理想的ですが……)

 

悪い辞め方をしていれば、出戻りも拒否されるのでまたイチからお店探しをしなくてはなりません。昼職も辞め、夜職も路頭に迷ってしまうと精神的に追いつめられてしまいます。そうならないためにも、お互いが気分のいい辞め方をしましょうね。それがお世話になったお店への恩返しでもあるかです。

 

昼職をお探しでしたら、ぜひ昼コレスタッフにご相談ください。出戻りをせず昼職でしっかりと頑張れるようなお仕事探しをサポートいたします!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ