MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

字が綺麗だと就活に有利なのは本当なのか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 字が綺麗だと就活に有利なのは本当なのか?
2021/02/27 (土)

字が綺麗だと就活に有利なのは本当なのか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆文字が綺麗だと真面目そう、誠実そうな雰囲気を抱きますが、実際に採用とは深く関係があるのでしょうか?「自分は字が汚いからどうしよう」と思っている方も大丈夫、決してうまくないからといって決まらないことはないからです。

字の綺麗さ=採用は直結しない

以前は「字が綺麗だと就職に有利」「印象がいい」などと言われていました。履歴書を見た時、確かに美しい文字と書きなぐったような文字では、抱く印象の差がずいぶんと違いますからね。

ですが現在は電子で履歴書を送ることも多く、手書きの文化は薄れてきました。となれば面接の時点であなたの字を見ることもないので、採用とは関係ないことが分かりますよね。なので字の綺麗さで採用が決まる、汚いと物凄く不利、といったことはなくなっています。時に自信がない方は安心して大丈夫ですよ。

 

最近は社内でチャットツールの導入もあり、「社員の字を契約書や同意書以外で見たことがない」ということもザラ!実際に筆者も前にいた会社で字を見せたことがほぼなかったように思います・・・。

採用担当が年配、老舗の会社は要注意

ただし全ての企業が字を気にしていないかと言うと、そんなことはありません。老舗企業や採用担当が年配の方、アナログな会社は考えが少し前のままであることが多いです。となれば履歴書は当然手書きでしょうし、その部分で「字」を重視することも珍しくはありません。

もしあなたと別の志願者が天秤にかけられ、「どっちもスペックが同じくらい」となった時、そういったプラスアルファの部分(字が綺麗だった、など)で判断を下されてしまうこともあるのです。

確かに字が綺麗=即採用ではないのですが、時に面接通過の補助的な役割を果たすことは間違いありません。

字を書くのが得意でないのなら

スマホやパソコンの普及もあり、現代人は文字を書く機会が少なくなりました。なので元々苦手だった方は、大人になってから更に苦手意識を抱いているかもしれません。

わざわざボールペン字の講座を受けたり、必死に練習する必要はありませんので、まずは丁寧に書いてみましょう。いくら上手でなくとも、一生懸命書いた字と適当に書いた字では大きく差があります。手書きの履歴書の場合は丁寧に書く、そこを意識してくださいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ