MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夜職の過去を隠して転職すると、何か不便なことはあるの?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夜職の過去を隠して転職すると、何か不便なことはあるの?
2021/10/01 (金)

夜職の過去を隠して転職すると、何か不便なことはあるの?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼コレを経由すれば夜職の経歴を隠さず転職活動が行えますが、どうしても過去を言いたくないと思っている人は多いでしょう。けれども筆者も体験している通り、隠すなら隠すでそれなりの労力がかかることを忘れてはなりません。詳しく解説していきますよ☆

なかなか人に言いづらい夜職の経歴。キャバ嬢がメディアに出る、SNSで有名になるなどして、以前よりかは随分と偏見の目が少なくなりました。しかしそれはSNSをメインに活用する世代だけにおけることで、年配の方や元々ナイトワークに対して良いイメージを持っていない人からは厳しい視線を向けられがち。

どうしても高収入・派手な世界だと曲がった角度で物事を見られてしまうため、頑張っていても神髄を分かってもらえないことは多いのです。その部分を知っているからこそ「過去を言いたくない」「隠したい」という女性が後を絶たないのでしょう。

 

実際の転職活動でも、夜職をしていた経験を隠し続けることは可能です。けれども不便なことは起きやすい、自分自身の苦労がしやすいことは覚えておいてください。実は筆者も面接時に嘘をついたまま入社しているのですが(苦笑)、意外と面倒なことにはなりました・・・。体験談を交えながらお話していきますね。

 

経歴を隠す=嘘をつかねばならない

夜職にどのくらい従事していたかは人それぞれですが、正社員でなく昼職に持ち越せる実績・スキルなどがない以上「空白の時間」とみなされてしまいます。いくら売り上げを持っていても、高収入を手にした経験があっても、昼職に転職するということは働く世界そのものが変わってしまう行為。つまり作った実績や土台もすべてゼロからのスタートになるのです。

 

となればこの空白の時間をどう説明するかを考えねばなりません。過去を隠さないのなら正直に「キャバクラを○年やっていました」と言えるものの、そうでないのならうまい理由を探してこなければならないでしょう。

これはナイトワーカーに限った話ではなく、無職の期間が長い人も同じです。「その間は何をしていたの?」と聞かれて返事ができなければ面接は絶対に通らないため、みんな経歴の部分をどう説明するか悩んでしまうそうですよ。

 

インターネットの記事などでは空白の期間を親の介護や療養と言う、とよく書いてありますが・・・。もう定番のフレーズとして定着してしまっているために、企業側も疑い深くなっていることは事実。場合によっては話題を掘り下げられることもあるので、入念な下準備(何か聞かれた時に返事ができる内容を用意しておくなど)が必要です。

この時しどろもどろであったり、話に一貫性がないと嘘をついていることがバレてしまうので気を付けましょうね。

 

経歴を隠すと後が大変になる!?

筆者の場合は面接時ではなく、入社後が大変だったパターンです。夜職をしていたことをうまく隠し、見事採用に漕ぎつけたのですが、とある飲み会の時に「しらいしさんって元々は何をしていたの?」と尋ねられる機会が。もう会社員になって時間が経過し、周りに馴染んできた頃このような質問をされたのです。

もちろん面接時の設定を崩すわけにはいきません。私はあの時と同じように答えたのですが、根掘り葉掘り聞いてくる社員もおり・・・。忘れた頃に色々と聞かれたため、少し焦ってしまった記憶があります。

 

設定はそれなりに練っていましたし、ボロが出ないように工夫はしていました。ただ忘れた頃に意外な部分をつつかれると多少の動揺は否めません。「えー、今聞かれるのか」と当時は少し思ってしまったほど(苦笑)一度作った設定で入社が決まったのなら、それを退職まで貫き通す必要があることを実感した瞬間でしたね。

過去の経歴を隠すとこのように、あとあとになって大変な思いをするケースも発生することを覚えておくと◎絶対にバレたくないのならその場しのぎの言葉ではなく、空白の経歴を埋める設定はしっかりと作り込むことが鉄則でしょう。

 

嘘をつくのが苦手なタイプ、疲れてしまうタイプ、昼職になってまでお客さんについていたような嘘はムリ、というタイプは、恐らく隠し続けられないのでおすすめできません。うっかり仲が良くなった社員だって絶対に裏切らないとは限りません。誰かがぽろっと言ってしまえば社内には一瞬で広まるもの。最初から言うよりも、時間が経ってからバレたほうが面倒ごとに発展しやすいのです。

 

経歴を隠さずに転職するなら、昼コレがイチバン☆

なるべく面倒ごとは避けたい、水商売を色眼鏡で見られたくない、設定づくりはもう疲れたと思うのなら、過去の経歴を隠さずに昼職へ転職する方がベスト。昼コレなら掲載されている企業さんはぜ~んぶ夜職の女性を歓迎しています。キャバクラだけでなく、クラブ、風俗勤務などでもOK。

一口に夜といえどオールジャンル受け付けていますので、「私は飲み屋じゃないから」などと気にする必要もありません。

 

堂々と言うのが難しいお仕事だからこそ、ご自身でも気を付けなければならない点がたくさん見られるでしょう。転職エージェントに頼って就活をするのも一つの手ですよ☆困った時は昼コレにご相談くださいね。

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ