MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夜職で安定している!それでも昼職を目指す理由って?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夜職で安定している!それでも昼職を目指す理由って?
2021/10/31 (日)

夜職で安定している!それでも昼職を目指す理由って?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職で安定した稼ぎを得ていても、ある日突然昼職へ転職するキャストさんがいます。「安定しているのに、ナゼ?」と思うかもしれませんが、その裏にはどんな理由が潜んでいるのか?解説していきますよ☆

昼職に転職したいナイトワーカーの全員が、収入の不安定さを理由としているのではありません。昼コレに相談にやってくる女性たちの中には、キャストとして安定した売り上げや指名、月収を獲得していながら転職を希望するケースも決して珍しくはないんです。

「安定しているのになぜ?」と思われそうですが、まず夜職に“絶対”はないもの。傍から見れば保てているようには見えても、陰では言い表せないほどの苦労や苦悩が溢れているからです。

 

彼女達が収入を落としてまで昼職を目指したい理由は何なのでしょうか?実際によくあるケースを紹介していきますね。

 

将来への不安はやはり大きい

常に売り上げや指名をキープ出来ているキャストさんも、全く将来に対する不安がない人はいないでしょう。「今は良くても数年後は・・・」「現時点で本当はいっぱいいっぱい」など、抱えているものも様々なのです。

夜職は年齢を重ねれば重ねるほど、若い頃だけの接客テクニックだけでは通用しなくなってきますよね。可愛い、綺麗だけで貫いていたところへ+アルファの要素がなければ、指名客も簡単に切れてしまいます。ベテランのお姉さんへ求めるのはもちろんルックスやスタイルもありますが、段々「見た目」だけではなくなってくるのが一般的。

 

“ベテランを指名すればハズレがない”と言われているのは、新人や若い子にはない落ち着きがあるからです。自分の年齢が上がるにつれてお客様に求められるポイントに変化が訪れますから、常に自身をアップデートしていく必要があるでしょう。

 

ここに対応できるキャストはそう多くなく、7割~以上の人が脱落していきます。このことをきちんと理解しているからこそ、早い段階で転職をしておくという選択肢になるのですね。

 

華があるうちに終わりたい

売り上げがなくなったから夜職を辞めるのではなく、売り上げがあって輝かしい時に終わりたいと考えている女の子も多いようです。

 

確かに成績も下がり、収入も減り、致し方なく昼職へ・・・では少々物悲しさを覚えてしまうかもしれません。それに「もっとやれた」など悔しい気持ちを抱えたままでは、当然ながら未練も残ります。そのことが忘れられず出戻りをしてしまっては意味がないですからね!

 

やりきったと心から思えるうちに、キャストとしての寿命を迎えない前に辞めるというのも一つの選択肢です。意外とこの手のタイプはスッパリと上がれることが多いので、あまり出戻り率は高くありません。

 

ただし重要なのは引退に対してもちょうどいいタイミングを見極めること。その機会をうっかり間違えてしまうと、心残りする結果を迎えてしまいやすいですよ。

次のバースデーでやめる、あと1年でやめる、など自分の中で明確な区切りを付けましょう。

 

どうしても興味のある仕事をみつけた

自分で会社をやりたい、アパレルブランドを立ち上げたい、不動産営業をやってみたいなど、夜職以外の興味が湧いた時も昼職へ転職するキッカケです。

 

目の前にある仕事よりも他が気になってしまった以上、なかなか元に戻すことは難しいですからね。この場合は本心に従っていく方が成功率も高くなりますし、なにより自分自身の充実感や満足度も向上します。

 

なかないか「昼職に興味の向く職種がない」といったナイトワーカーも多いので、気になるお仕事ができたのはたいへん素晴らしいこと。特に美容系やファッション系など、夜職で培った美意識を活かせるお仕事に転職する女の子も非常に多いのだとか。

気になった時がまず動く時!です。我慢せずに職業についてよく調べ、事前準備を入念に行いながら転職活動を進めていきましょう。

 

単純に刺激がなくなったから

売り上げをキープし続け、お店も街もずっと同じ。今更新しい店舗へ移籍する気もなく、かといってこれ以上の売り上げを見込める気もせず・・・。夜職は売り上げが青天井の世界ですが、200万~500万程度でずっと止まってしまう、そんなナイトワーカーがたくさんいるんです。

 

一度そこでキープしてしまうとその後それが継続し、1000万円には届かない状況が当たり前になりがち。となれば見ている景色も代わり映えせず。刺激がない毎日になってしまうんですよね。

 

安定の二文字とは直結しない夜職ですが、ある程度の歴があれば「平均売上」は必ず見えてくることでしょう。立ち止まってしまえば似たような売り上げが1か月、2か月、もはや何年も続いてしまい、仕事のマンネリ化を覚えてしまうのです。

このような経験から夜職に飽き、昼職への転職をする女の子も。例え安定しているように見えても、心の奥で抱えているものは本当に人それぞれですね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ