MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夜職から昼職へ移った時に驚いたこと☆PART2

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夜職から昼職へ移った時に驚いたこと☆PART2
2019/10/05 (土)

夜職から昼職へ移った時に驚いたこと☆PART2

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆前回に引き続き、夜職から昼職へ転職した際の驚き集PART2をお届けします。働く環境が変わると、新しく学ぶことも増えますよね。夜職から転職すると、初めは誰でも慣れないもの。いきなりではなく、徐々に昼職への理解を示していけばいいのです☆

その3☆職場の喫煙者が少なかった!

これは職種や職場の年齢層によって変わると思いますが、筆者の職場は喫煙者がとても少ないのです。「昔は吸っていたけど今はやめた」という人が圧倒的に多く、飲み会でもタバコを吸う人はごくわずか!たとえ喫煙者だったとしても、紙タバコの人は本当に少ないですね。

受動喫煙防止法も適用されたため、今となっては社内の喫煙スペースを撤去する企業も。オフィスビル内でも喫煙所の個数を減らすなど、様々な対策がされています。

タバコそのものの値段も上がっており、吸える場所が少なくなっていることから、昼職では全体的に禁煙傾向にあることでしょう。ヘビースモーカーからすると、少々肩身が狭いかもしれません。

夜職の女の子は喫煙率が高いので、最初はこの禁煙率に慣れないと思います。もちろん辞めるも続けるも自分次第なので構いませんが、吸う場所が少なくなっていることは覚えておきましょう。特に「電子はOKだけど紙タバコはNG」なんてところも多いので、ぜひ知っておいてください。

無理してタバコを辞める必要はありませんが、紙タバコの方は電子へ移行しておくといいかも・・・?

 

その4☆尊敬できる男性上司が出来た

ナイトワークをしている頃、仕事面で尊敬できる先輩はいましたが全員女性でした。

お客様で素晴らしい方にもいっぱい出会ったので、尊敬した人もいましたが・・・それはあくまで「人間として」です。決してお客様と共に仕事をしたことはないため、実際の仕事ぶりや職場での顔は分かりません

だから仕事面で「すごいなぁ」「いいなぁ」と思う相手はいつも女性。仕事面で男性に対して尊敬をする、といったことがなかったんですね。むしろ嫌なお客様を見ることも多く、「男ってヤツは・・・」とちょっとひねくれた考えを持っていた時もあります(笑)

 

夜職から昼職へ転職し、やっと「仕事で尊敬できる男性上司」が現れたことには驚きましたし、素直に嬉しかったですね。夜の世界にも共に働く男性(ボーイさん)はいますが、主役は女性。同じ立ち位置で働くことはなかったので、転職して初めて気づかされることもありました。

 

それに昼職の男性上司には、今まで尊敬していた先輩たちとはまた違ったことを教えてもらえました。性別が違うと考え方も変わるので、少し視野が狭まっていた自分にとっては新しい刺激だったのでしょう。さらに見識が広がった気がします。

 

男性には男性の良さ、女性には女性の良さがあるものだとつい感心してしまったほどですね。どうしても女性だけの社会で生きていると、すっかりそのことを忘れてしまうもの。物の見方や考え方も凝り固まりやすくなるので、異性と仕事をしていくことの大切さを学びました。

 

夜職の経験を活かし、昼職でも輝いてみませんか?

PART1でも述べたように、昼職にも人間関係のわずらわしさがあったりと決していいことばかりではありません。また夜職に比べるとお給料が少ない、自由出勤はできない(※職種によります※)、副業ができないなどのとデメリットも存在します。

しかしどちらの世界も覗くことで新たな発見があるはず。昼職への転職を少しでも考えたのなら、ぜひチャレンジして欲しいと思っています。

 

働く環境が変わると、最初は誰でも慣れないもの。未経験なら尚更で、いきなり馴染める人なんていません。

初めて夜、働いた日の事を覚えていますか?恐らく初日から「夜の世界がしっくりきた」という方は少ないでしょう。何かしらの違和感と緊張感を覚えたはずです。それが徐々に慣れていったことで続けられた部分も多いのではないでしょうか

 

それは昼職に就いても同じこと。昼には昼の、夜には夜のルールや価値観の違いがありますから、最初はしっくりこなくて当たり前なのです。

 

その「しっくりこない部分」を恐れて転職を辞めてしまう女の子も見てきましたが、それはもったいないと思いました。続けてみないと、分からないことだって沢山あるからです。

最初の数か月~人によっては半年くらい慣れないケースも珍しくはありません。ここで耐え切れず辞めてしまう人も現れるのですが、数か月や半年ちょっとではまだ何も見えてきません。一年以上籍を置いて、やっと冷静に物事が見られるのではないでしょうか?

もし最初世界の違いに驚き、すぐに辞めたくなっても早急な決断を下すことはありません。明らかなブラック企業なら話は別ですが、せっかく転職したのならぜひ頑張ってみましょう。継続することで初めて見える景色や得られる知識、技術、経験があるからです。

 

昼職探しに悩んでいたら、昼コレスタッフにご相談下さいね。あなたに合ったお仕事が見つかるように全力でサポートさせて頂きます。

「どんな仕事が良いかわからない」「自分が何の仕事をしたいのか決まっていない」でも全然OK!まずは新たな一歩を踏み出してみませんか?

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ