MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夜以外働けない!そうなる前に心がけるべきこと

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夜以外働けない!そうなる前に心がけるべきこと
2020/05/11 (月)

夜以外働けない!そうなる前に心がけるべきこと

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回のコロナショックにより、予想外の転職活動を強いられている人も多いでしょう。筆者の身の回りにも夜を続けるか、辞めるべきか悩んでいる人もいます。いつか夜職は辞める日がくるもの。「夜以外働けない体質になってしまった」と嘆く前に、改善できる点を見つけていきましょう。

コロナの影響を受けて大幅にお給料が下がってしまった人、お店が閉店になってしまった人、様々なケースがあると思います。

こんな時夜にどっぷり浸かり、「お昼に働けない体質」になってしまった人は恐らく路頭に迷っているはずです。

実際に筆者の知人もそうで、転職に関する相談を受けましたが・・・結局就職する運びにはなりませんでした。

 

長く夜職をやっていても、昼職に戻れる子はたくさんいます。

ただ「感覚」や「考え」が夜一色になってしまっている場合は、なかなか転職へ踏み切れません。

 

「昼職に転職したらタクシーも好き放題乗れない!髪色もネイルも自由にできない!好きな時に休めない!無理!」

 

感覚がズレていると、結局こういった考えになってしまうのです。

この考え方になってしまうと、夜以外働けない体質になってしまうでしょう。

 

また再び別のウイルスが流行し、日本はパニック状態に陥るかもしれません。

更にパワーの強力なウイルスなら、もっと外へ出られなくなる可能性も。

その時がきてもまだ「夜職以外できない・・・」と言い続けるのは、あまりに危険だと思います。

 

夜に浸かりすぎないためには

夜職をしていると少々感覚が狂うのは仕方のないことです。けれども、ある程度心がけるだけで、世間一般と大幅にズレることは避けられるでしょう。

 

一番の対処法は「昼職の友達とも交流を持つ」です。

夜職をしていると、生活時間帯や仕事柄同業ばかりと付き合うようになります。

夜職と言えば飲み屋、風俗業、バーテン、ホスト・・・正直なところ、どれも大まかに見れば似たり寄ったりな商売ですよね。

 

昼職は事務作業から営業、接客などなど様々な職種があります。

同業ばかりと付き合っていると視野が狭まっていくので、ぜひ違う世界の話を聞いてみて下さい。

昼職ならではの悩みやライフスタイルを参考にすることで、考え方も変わっていくはずです。

 

感覚を戻すことも転職活動の一つ

面接や履歴書を用意することも大切ですが、狂った感覚を戻していくのも転職活動の一つ。

昼職に転職後、いきなり大きなギャップを受けないようにするためにも、早めの対策が肝心です。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ