MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夜っぽい仕草や喋り方にご注意

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夜っぽい仕草や喋り方にご注意
2020/03/27 (金)

夜っぽい仕草や喋り方にご注意

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職をしているとどうしても仕草や話し方に“夜っぽさ”が出てしまいます。以前、夜のウケと昼のウケは違うとのお話をしましたが、仕草などに関しても同じです。ちょっとしたことで「あれ?」と思われてしまうことは多いので、まずは自分を客観視するところから始めましょう!

昼職コレクションでは夜職の過去を隠さずに転職活動をすることが可能です。けれども全員が全員、「過去を隠さなくてOK」と思っているものではないですよね。今までの経歴を言うことに抵抗があり、隠し通したまま転職を行う人だっています。実際に筆者も“夜職をしていない設定”で転職活動に臨みました。

 

その時に注意したいのが仕草や話し方です。

どうしても夜職が長ければ夜っぽさが身についてしまうので、ちょっとしたことがきっかけで過去バレする可能性も。

 

例えば普段何気なく発してしまうオーバーリアクションや、話を聞きながら細かく相槌をうつ行為。相手の目をしっかりと見て会話をする様子は、いかにもな接客業のクセです。どのキャストもそうですが、お店では「分かりやすく」相手の話を聞いている方がお客様からのウケも良いですからね。

 

けれども昼職で同じ行動をしてしまうと、少しやりすぎに思われるかもしれません。一度会社の会議に出席してみるとわかるのですが、ナイトワーカーのようにあそこまで分かりやすく相槌を打ち、人の目をきちんと見続ける人は思いのほか少ないです。このような細かい部分から「この人、もしかして・・・」と思われてしまうのだとか。

夜働いていることからすれば、何気なくしていることがバレに繋がるなんてちょっと驚いてしまうことでしょう。

 

ナイトワーカーは常に見られているお仕事ため、自分を綺麗に・素敵に見せる仕草や接客をたくさん知っています。相手の目をしっかり見る、大げさなリアクションを取るのはお客様のためですからね。しかし良かれと思っていることが夜バレに繋がってしまう可能性が高いため、昼の世界では良く注意せねばなりませんよ。

 

語尾を伸ばして話すのをやめる

ナイトワーカーだけに限ったことはないのですが、いわゆるギャルっぽい話し方は昼の世界でマイナスです。「そうなんですかぁ~」「えぇ~本当にぃ~?」と語尾を伸ばすことで、だらしないイメージを与えてしまいます。夜職ではちょっとギャルっぽく、可愛い話し方の方がウケますよね。けれども昼職ではとにかく悪い印象を抱かれ、あなたへの評価が下がってしまうことは確実!

残念ながら転職後は話し方の可愛さ、親しみやすすぎる雰囲気はいらないのです。

 

夜職をしていると年齢が上になっても、少し話し方が若くなってしまいますよね。常に若い子に囲まれて働く環境のため、致し方ないのですが・・・。公共の場でいつものクセを出してしまうと「あの人若作り・・・」なんて厳しい目で見られかねません。夜職では異なるものの、昼職では年齢=社会経験が強く結びつくので、自分の立場をきちんと考えて下さいね。

 

手を叩いて笑う、オーバーリアクションは必要ない!

夜職が長いとオーバーリアクションがすっかり身についてしまうと思います。例えば席がどっと盛り上がった時、手をバンバン叩きながら笑う、「ウケる~!」と大きい声で言う・・・などです。後はお客様が話している内容について、大きく反応するといったところでしょうか。

 

夜職の仕事と言えば、メインは会話。接客ですから、相手にとにかくいい思いをしてもらわなきゃなりませんよね。夜のお店に来るお客様の過半数が話を聞いて欲しい、人と話したいので、キャストがオーバーリアクションを取るのは当然のこと。特にお客様はプライベートで来店しているので、ナイトワーカーは全力でその“楽しい”を提供する必要があるのです。

 

しかし昼職の転職し、会社の会議に集まったとしたら?そう、全員が“仕事”に臨んでおり、誰一人としてプライベートで参加している人間はいません。真摯に議題へ向き合い、考えるため、発言をした人に対して大きな反応もいらないのです。自分自身もオーバーに発言する必要性は全くありませんからね。むしろ公的な場で接客のような盛り上げ方をしてしまうと、確実に反感を食らうでしょう。

 

ついクセが出てしまうかもしれませんが、ここはまず空気を読んでください。以前より「昼と夜のノリ、常識は違う」と解説していますが、正にこういったことも含まれるのです。同じテンションのまま進んでしまうと、必ずどこかで失敗してしまいますよ。

 

染みついてしまったものは、徐々に抜けていく

昼の世界に馴染んでくれば、おのずと夜っぽさは抜けていくと思います。「あれ、なんか違うな?」と思っても、次回からその仕草や話し方を気を付ければいいだけ。昼の生活が普通になれば徐々に改善されていくでしょう。夜が長い人ほど抜けていくのは遅いかもしれませんが、転職が成功したのなら昼にもきっと適応できるはず。

 

もちろんちょっとした心がけも大切ですが、「どうしよう」と気負い過ぎなくても大丈夫。大切なのは少しの意識と、馴染むための努力なのです。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ