MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

夏だけではない!昔とは違う現代の紫外線の影響とは

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 夏だけではない!昔とは違う現代の紫外線の影響とは
2019/09/05 (木)

夏だけではない!昔とは違う現代の紫外線の影響とは

みなさんこんにちは! ここでは昼コレライターが夜職女子や、昼職への転職を考えられている転職女子にお役立ちの情報をお届けしていきます。 今回は夏にはかかせない紫外線問題です。今や女性だけでなく子供や男性も、また、地球環境の変化により、夏だけでなく一年中紫外線対策をしなければならなくなりました。ぜひこれを読んで紫外線対策を今一度考えましょう。

そもそも紫外線とは?

今や誰もが聞いたことのある”紫外線”ですが、そもそも紫外線は何が悪いのでしょうか。昼コレ女子の皆さんは夏が近づくと日焼け止めを使用される方も多いと思います。 紫外線というのは、太陽の光のことを指しますが、人の目に見える光と、目には見えない赤外線・紫外線とに大きく分れます。そして、その中でも最も波長の短い光で、またそこから実際に私たち人間の体に届くものが①UVA、②UVBの二つになります。

 

紫外線が人の体に与える影響とは

では実際に紫外線の影響はどのようなものがあるのでしょうか!

◆免疫力低下

◆皮膚。肌への悪影響(皮膚ガン)

◆シミ・そばかすの生成

◆しわ・たるみ

◆目・角膜へのダメージ

などがありますが、どれも女性には大敵なものです。特に皮膚・肌には多大な悪影響を及ぼします。皮膚科や美容外科などでは、一年中の日焼け止めの使用を提唱しているところも多いです。肌のハリや弾力を形成する細胞を紫外線が攻撃してしまい、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、昼コレ女子にはおなじみの成分を形成するのに、悪影響となってしまうことが原因とされます。肌の老化の80%は光老化が原因と言われているのです!また、決して紫外線は外出先だけの問題ではないのです!UVAは、窓ガラスなども透過するので、家の中にいても紫外線は入ってくるのです!

 

紫外線は季節・時間・天気により異なる

季節

紫外線の量が最も多いときはやはり春〜夏にかけてです。しかし秋でも冬でも紫外線はあるのです。真冬でも、量にしたら夏の半分程度はあるのです。やはり日焼け止めは一年中必要ですね。

時間

もちろんお昼が一番紫外線量は多いですが、朝の7時頃から少しづつ増え始めて、朝9時には急増します。その後もお昼ほどではなくても、夕方遅い時間も紫外線は出ています。夜職やキャバ嬢の方の出勤時でもまだまだ紫外線はでているのです。お昼は警戒していても、夕方以降は油断している昼コレ女子も多いのではないでしょうか?

天気

これもみなさん誤解している方がいらっしゃるのですが、晴れている日だけが紫外線が出ているわけじゃないのです!晴れの日よりは量は減っても、曇りの日ももちろん、雨の日でもしっかり紫外線はで出ているのです!また、昼コレ女子は夏は海、冬はスキーやスノボなどのレジャー時には、照り帰りと言われるような反射紫外線は、通常よりも強く焼けてしまうので注意が必要です。

 

紫外線と上手に付き合おう

昔と比べて紫外線の質も量も桁違いに多くなっています。肌が焼けることに関しては、特に昼職女子や、転職など就職活動中の方は、一番紫外線が強い時間帯なので一番紫外線には注意が必要です。しかしキャバ嬢の方も、夕方や早い時間帯の夜だとまだ紫外線が出ているので油断は禁物です!しかし、肌が焼けることや、シミ・そばかすができることよりも実は一番怖いのは皮膚ガンへの影響なのです。これは昼コレ女子だけでなく、子どもや男性も同じです。今は日焼け止めも昔に比べ、数も種類もかなり増えましたし、紫外線対策の小物などもたくさん出ています。紫外線の仕組みや量などに合わせて上手に紫外線対策をしましょう!

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ