MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

同じ場所に通えない?何度も環境を変えたくなる人は転職できるのか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 同じ場所に通えない?何度も環境を変えたくなる人は転職できるのか?
2020/03/10 (火)

同じ場所に通えない?何度も環境を変えたくなる人は転職できるのか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆毎日同じ場所へ通う、同じメンバーと顔を合わせるのが辛い・・・実はそういう人、すごく多いんです。繊細な気質でだと、一か所に通い続けるのが困難であることも。そんな人でも転職は可能なのか?解説していきますよ。

キャバクラやクラブ、店舗型風俗勤務の人にはあまり見られませんが、同じお店に通い続けることが困難であるナイトワーカーは多いです。毎回同じメンバーに同じお店、行き続けるうちに息苦しさを感じてしまい、結果的にお店を辞めたくなってしまうのです。毎日人の入れ替わりは多少あれど、丸ごと変わることはまずありません。だからこそ理由もなく飛んでしまったり、これといった原因がないのに退店することも珍しくはないでしょう。

またお店の人とうまく馴染めない、悪く言われているような気がすると思い込み、飛んでしまう事例もよく見られますね。

 

実はこれ、繊細な性格をしているタイプにすごく多いんです。周りを気にしすぎてしまう人や集団行動が得意でない人、一人が好きな人、人間関係のリセット癖がある人は当てはまるかもしれません。決して誰かと仲良くしたくない!と思っているわけではないので、自分で自分の感情や気持ちが分からなくなってしまうのですね。

 

ですがそんな人でも、昼職の道を目指そうか悩むことがあるかと思います。しかし一箇所に通い続けられない不安から「私みたいなのが転職できるの?」と悩んでしまいがち。このような気質でも、果たして転職は可能なのでしょうか?

 

転職は大丈夫!

もちろん一箇所に通い続けるのが苦手なタイプでも、昼職に転職することは不可能と言い切れません。ただし本人のやる気や意思次第であり、“その先まできちんと続けられるか?”まずそれが課題となっていきます。

 

環境を変えたがる人でも、バイタリティに溢れ転職活動を積極的に行えるケースがほとんど。実際にやる気がないわけではないので、働く意欲はきちんと持っています。ですから就職先は案外すぐ見つかるかもしれません。しかし肝心の問題はその後で、一度決めたことを最後まで守り抜くことが難しいのです。

 

就職先が決まってやる気に満ち溢れていても、ちょっとしたことで嫌になってしまったり、人目が気になって落ち着かなくなったり・・・。たまたま職場に嫌な感じの人がいたなら「ああもう嫌だ」と感じて、辞めてしまうこともあるでしょう。最悪の場合は無断欠勤などを繰り返し、飛んでしまうケースも珍しくはありません。

一か所に通い続けられない人の特徴は、相手の顔色を伺いすぎたり、空気を読みすぎる、「ちゃんとしなきゃ」という思いが強すぎるのです。失敗は誰にでもあることですが、自分で自分を許せない完璧主義者タイプも多いですね。責任感が強すぎるあまり、それによって自滅してしまうパターンも多いんだとか。

 

なぜかこのケースに当てはまる人はとても人柄がよく、面接も受かりやすい傾向にあります。ですが最初に頑張りすぎてしまうがゆえに、後々になって苦しくなってしまうのです。

 

就職する会社を見定めよう

自己を保つ、忍耐力をつけるのも大切なことですが、この気質の人は就く職業や社風に気を付けた方がいいでしょう。基本的に人目をとても気にしやすいので、体育会系の企業や接客、売り上げ圧力の強い営業は向いていません。仮にものすごく頑張れたとしても、エネルギーの消費がとてつもなく激しいはず。最初は成績を残せたとしても、ある日突然スイッチがバン!と切れてしまう可能性もあるでしょう。

 

実際にそうなって、お店をやめてしまった経験はないですか?基本的に繊細なタイプは人と常に比べられ、圧迫感の強い雰囲気に耐えられない傾向にあるので、昼職でも夜職と同様な空気感があるお仕事は避けた方が良いですね。

 

どちらかというと向いているのはリモートワーク制度のある会社、フレックスタイムを導入している会社、または風通しのいい会社です。つまりIT系や芸術系、技術系などのクリエイティブな企業、社員が比較的若い企業が向いていると言えるでしょう。これらの職種は自由度の高い会社も多く、あまり古い気質を好みません。良くも悪くも他人に興味がないタイプもかなりいるので、繊細な人でも働きやすい職場が見つけやすいもの、

 

そして環境や人間関係リセット癖のある人は、変化のないことを嫌う傾向が。似たような日々が過ぎ去っていくのにつまらなさを覚え、辞めたくなってしまうタイプもいるのです。根底にやる気はあるので自分の個性を発揮できる会社や、若手の意見に耳を傾けてくれる風通しの良い会社だと息苦しさを感じづらいかと思います。

 

自分を責めない

このケースに当てはまる人は、とにかく自分を責めないこと。繊細な気質の人は現代人に多く、世の中の5人に1人は生き辛さを覚えている・・・というデータも出ているほどです。

 

できることなら繊細なすぎる面を鍛えておくことも大事ですが、元々の性格も関係していますので、今すぐの改善は難しいでしょう。何もかもが細かい人に「図太くなれ!」と言っても、難しい話ですよね。それと同じです。

 

どうしても治したいのなら、移動型風俗や派遣キャバクラなどではなく、店舗型のお店に一度勤務してみましょう。同じ場所に行き続けることにまずは慣れる必要があるため、早い段階で訓練をしておくのも◎それが数か月続けば、自分を褒めてあげましょう。そこから転職に踏み切るのも遅くはありません。

 

同じ場所でフル出勤をしているナイトワーカーには、このあまり気持ちが分からないかもしれません。ですが店舗をころころ変えてしまうナイトワーカーにとって、少し共感できる内容ではないでしょうか?

決して転職は不可能ではありませんので、自分に合った企業が見つかるといいですね☆

 

 

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ