MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

勤めていた風俗店が閉店した!対策はどうする?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 勤めていた風俗店が閉店した!対策はどうする?
2020/04/04 (土)

勤めていた風俗店が閉店した!対策はどうする?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆風俗店が乱立している今、急に閉店・廃業する店舗が後を絶ちません。もし昼職に転職しようか迷っている今、職場が閉店してしまったら・・・。解説していきますよ☆

現代は風俗店が多数存在します。

店舗型風俗こそ少ないのですが、デリヘルやホテヘル等の無店舗型風俗は多く、年々増えているのです。

しかしお店が増えた分閉店しています。

 

風俗店は事前に閉店を知らされることがあまりなく、明日急遽、酷い今日で終わりなんてことも!

 

急に職を失ってしまったら、路頭に迷うのも無理はありません。

その時、あなたはどうするでしょうか?勤務先がなくなった場合の対策は考えておきましょう。

 

移籍する?転職する?

お店がなくなったあと、考えると言ったら代表的なのはこの三つ。

 

  • 移籍先を探す
  • しばらく休業する
  • 昼職へ転職する

 

夜職を続ける気があるのなら、早々に移籍先を探すでしょう。

ですが「しばらく休業する」「昼職へ転職する」だと、話は別。特に転職するなら動き出さなくてはなりません。

 

昼職へ移るか悩んでる人は、こうしたタイミングで転職するのもアリ。

これを逃して移籍してしまえば、昼職への道がまた遠くなってしまいますよ。

 

貯めたお金で暮らしながら、就活

理想的なのは就活に集中しながら、貯めたお金で生活が送るのがいいですね。

 

就活の間もツナギで夜のお仕事を続けている人もいますが、しっかりとお昼起きられる・面接に行けるならいいと思います。

ですが寝坊して面接を飛ばしてしまった、生活リズムが乱れて就活に身が入らない、では意味がありません。

 

そのため自信がないなら、夜の仕事と並行するのはやめた方がいいでしょう。

結局夜職の方が稼げるから、やラクだからといって就活を断念してしまうケースもあるからです。

 

閉店してしまったら、よく考えて

勤務先がなくなってしまったら、まずはよく考えて下さい。

夜の世界を続けたいのか、もう上がるのかをきちんと答えを出してから行動に移しましょう。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ