MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

個人プレーな夜職とチームプレーな昼職

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 個人プレーな夜職とチームプレーな昼職
2021/09/03 (金)

個人プレーな夜職とチームプレーな昼職

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜の世界は全員が個人事業主であり、仕事はほとんどの場合が個人プレー。自由気ままに働けることが魅力と言えますが、徐々に人と働くこと自体が苦手になってしまう人もいます。昼職に転職したいなら、チームプレーができる力も身につけておきたいものです。

キャバクラ、風俗など、多くのナイトワークが個人プレーで仕事をこなします。クラブやスナックなどチームプレーが問われるお仕事もありますが、個人個人の成績からお給料が決定するのですから、“完全チームプレー”とは言い難いもの。

複数でお客様を接客することはあっても、全員で一つの何かを作り上げるというよりかは、個々の目標(売り上げ)に走るために頑張っている・・・。そんなイメージではないでしょうか。あくまでキャスト同士はその場に居合わせている仲間といった感覚で、決してチームやグループではないのです。

 

しかし昼職はどうでしょうか。1人1人が個人の目標に走るだけでは会社が成り立ちません。開発なら「○日までの納期までにみんなで仕上げる」、販売なら「今日の全体売り上げ目標は○○万円」など、全員が協力した上で結果を出す必要があるのです。今まで個人プレーがメインの仕事をしていれば、初めはこの感覚が慣れないでしょう。

「人と力を合わせて一つの目標へ進む」ことが上手にできず、悩んでいる元ナイトワーカーは一定数いると聞いています。夜職から昼職への転職は、仕事内容や働く時間だけでなく、仕事の仕方までもを新たに学ぶことでもあるんですね。

 

個人プレーでも仕事ができてしまう夜職

夜のお仕事とは不思議なもので、同じお店に口をきく相手が一人もいなくても仕事をこなせてしまいます。一緒の席についても女の子と話さなければいいだけですし、アイバンをあまり組まないタイプならほとんどがお客様と一対一の状態。指名客だけを大事にして入れば売り上げは上がりますから、キャスト間の関係を紡げていなくてもそこまで問題は起きません。

もちろん全く話す相手がいないと団体客についた時苦労するかもしれませんが、その場をやりすごせばいいだけ。トラブルがなければ黒服さんからも「女の子ともう少し仲良く」と言われることもないですから、完全個人プレーでもお金が稼げてしまう世界なのです。

 

特に夜職は仕事の仕方に正解がないため、一匹狼なら一匹狼で許されるもの。売上さえ立てていればどんな仕事の仕方でも構わない特殊な職業と言えますね。

 

夜職歴が長いとすっかりと個人プレーに慣れ切ってしまい、今更仕事のスタイルを変えることが難しくなっていきます。人と協力をする働き方が分からないと後々になって困ることもきっと出てくるでしょう。

もし今までチームプレイをしたことがない場合は、まず昼職のやり方を素直に受け入れることが大切です。最初から「私は一匹オオカミでいく!」など決めずに、様々な環境、相手を受け入れられる柔軟な頭を持ちましょう。最初からこちらが拒否してしまえば相手もガードを張ってしまって逆効果です。

 

集団で協力できないと昼職は厳しい?

昼職全般におけることではありませんが、ほとんどの職業がチームプレイをできないと厳しいものとなっています。

 

とはいえ“チームプレー”と一口にいっても、協力の仕方や度合いは職業によります。

先ほども例に出した開発系ですが、ソフトウェア開発などは裁量労働制。確かに決められた納期や日時までにあなたの担当を仕上げなければ周りに迷惑がかかってしまうでしょう。しかし目標を達成するまでは自分との戦いなので、誰かと常に行動しなければならないといったことはありません。

ペアを組むこともめったにないですから、あくまでチームの一員の意識があればOK。誰かと関わるのが苦手なタイプや黙々と作業を進めたいタイプも多く、一匹狼でも十分にやっていけるお仕事です。

 

なるべくチームプレーができると理想ですが、根本的にダメ!という場合はこのような職業を選択するのもアリですよ。

 

どこでチームプレーの力を培うのか?

中には人と関わるのが得意でなくても、克服したい気持ちを持っている人がいます。その心掛けはとても素晴らしいですから、ぜひナイトワークをしているうちに培いましょう。

 

風俗など完全個人プレーだと少々難しいものがありますが、キャバクラなら今日からでもすぐに実行できるハズ。今まで他の女の子やボーイさんとコミュニケーションや会話が全くできていなかったのなら、自分から意識を働かせてみると◎徐々に打ち解けていき、仲の良いキャストができれば場内指名で呼び合ったり、アイバンを組めたりと“チームプレー”を体験することができます。

またボーイさんとの関係づくりも重要で、やはりいつもツンケンしているキャストの評判は悪いのです。媚を売るのは違うものの、ボーイさんへ感謝の気持ちを示したり、少し雑談してみるなどの関係値を築き上げましょう。そうすることで良いお客様の席につけてもらえたり、あなたの指名が取れそうな席を相手も理解できていくはずです。

 

このように夜職時代に協力する力を身につけておけば、どの世界へ行っても発揮できることでしょう。夜職だからと言って諦めてはなりません。昼職に転職したいのならどんな状況でも対応できるようにしておきたいものですね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ