MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

何の仕事が合っているの?昼職の探し方

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 何の仕事が合っているの?昼職の探し方
2019/10/28 (月)

何の仕事が合っているの?昼職の探し方

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回は自分に合った昼職の見つけ方についてお話したいと思います。いざ転職しようと思っても、やりたいことがないと気が進みませんよね。やりたいことの探し方などについて、詳しく解説していきます☆

キャバ嬢は営業が向いている?

よく水商売をしていると「君、営業向いてそうだね」とお客様に言われることはありませんか?会話の上手なキャストさんなら、絶対に言われたことがあるでしょう。私のキャバクラの大先輩は、しょっちゅう「うちの会社の営業になって」とお客様に口説かれていました。ベテランほどトークの進行や返しがうまいため、ぜひ営業に!と思われることが多いようです。

 

水商売は会話や自分を売り込むことが仕事なので、営業が向いている子も多いです。夜職そのものが営業職の一環ですから、売るものや働く時間が変わってもベースとなる部分は同じ。となれば今まで行っていたことを応用するだけなので、全くの異業種に移らなくて済むでしょう。大抵夜で売れていた方は昼の営業でも成功を収めるケースが多いため、かなり良い成績を残す人もかなりいるのだとか!

夜職から昼職へ転職する時、全くの異業種が不安な場合は営業系を選択するのをおすすめします。人と接するのが苦ではない以上、稼げる可能性を大いに秘めている職業だからです。

 

ですが中には会話が苦手なナイトワーカーもいますので、全員に営業をおすすめできるか?と聞かれたら答えはNo。お酒がないと全く話せないタイプにも、昼間の営業マンは厳しいことでしょう。

 

確かに営業職へ転職するケースが多いのですが、向き・不向きがあることは事実。昼職には様々なジャンルのお仕事がありますので、自分に合っていそうな職業を選んで下さいね。

 

コツコツタイプは地道な作業も向いている?

会話が苦手でも、大きく盛り上げることができなくても売り上げをコツコツ作っていく努力家さんもいます。あまり人とのコミュニケーションが好きでない場合は単純作業の事務(データ入力など)も良いですね。またプログラミングやデザインなども地道に行っていく作業ですから、勉強する気があるのならこちらの職業もおすすめです。

忍耐強い=自分と戦うことができるので、接客以外にデスクワークも向いているでしょう。他人との関わりを極力避けたい、細かい作業を好む場合はこういったお仕事を視野に入れておくのもアリですね!

 

特に興味のある仕事がない!

転職活動を始めたはいいものの、特にやりたい仕事が見つからない人も多いでしょう。ちなみに筆者もそうでした。絶対この職種!というのも浮かばないのですが、「つまらない仕事はしたくない」という気持ちが非常に強かったので、とにかくやりがいのある仕事を必死に探しましたね。

 

かと言って、あまりに自分の興味からかけ離れている仕事は考えもの。せっかく転職が成功しても長続きしない可能性があるからです。100%興味がなくともせめて50%くらいは興味を示せるような仕事内容だと良いですね。興味が30%以下だとどうしても「つまらなそう」といった気持ちが先行しがちなので、物事をポジティブに捉えることが難しくなります。

 

やりたい仕事が見つからない時におすすめな方法は、ノートやスマホのメモ帳に自分自身が好きな事・興味のある事を一気に書き出す方法。例えば美容、料理、映画、旅行・・・など、最初はざっくりと書き出します。

その後から料理=食べる事or作ること、旅行=海外、などと更に細かく書き出していきます。海外旅行が好きなら、それを自分がおすすめする側になりたいのか?それとも自身が海外を飛び回りたいのか?と、一つの物事に対してじっくりと紐解いていきましょう。そうすることで自ずと興味のあること、やってみたいことが見えてくるはずです。

 

もちろんどんなことでもOKです。好きなことが全くない人はいませんから、地道に探せば必ず何か見えてくるはずですよ。

 

やりたいことがハッキリ決まっているなら、突き進もう

やりたいことが明確に決まっている女の子も勿論います。この場合は目標に向かって、突き進むのみです。

 

ですが一つの会社だけではなく、出来れば数か所を同時に見比べたいもの。絶対に入りたい!という会社があったとしても、必ず一か所だけに狙いを定めるのは避けましょう。ネームバリューのある会社だとしても、絶対にいい会社かどうかは分かりません。

また同じ業界でも、勤務条件が大幅に異なる事もあります。求人をよく読んでじっくりと考えてから書類を送りましょう。給与形態や残業についても確認し忘れないよう入念なチェックをぜひ心がけてみてください。

 

せっかく昼の世界へ羽ばたくのですから素敵な会社に巡り合いたいですよね。そのためには会社選びを慎重に行う必要があります。夜職のお店選びとほぼ同じで、会社は毎日通う場所。その時の勢いだけで決めるのは決して良くありません。せっかく就職が決まっても行く気が起きず辞めてしまえば、今までの努力が勿体ないことになってしまいますよ。

もし仕事探しに迷ってしまったら、お気軽に昼コレスタッフまでご相談くださいね。やりたいことが見つからない場合のご相談もOK!あなたに合った職業が見つけられるよう、誠心誠意対応させていただきます。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ