MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

令和初のお正月。記念すべき新年は正しい参拝マナーを身につけてから初詣へ!Part①

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 令和初のお正月。記念すべき新年は正しい参拝マナーを身につけてから初詣へ!Part①
2020/01/11 (土)

令和初のお正月。記念すべき新年は正しい参拝マナーを身につけてから初詣へ!Part①

皆さんこんにちは!ここでは昼職コレクションを見てくれている、転職活動中や就活中の転職女子の皆さんにお役立ちの情報をお届けしていきます。今回は、年号が令和に変わって宰予の記念すべきお正月ですよね。そんな記念すべき初詣は、なんとなくではなく、きちんと参拝マナーを身につけてから初詣へいきましょう!

令和初のお正月!昼職転職前に正しい参拝マナーを身につけよう!

年始になると、家族や友達、恋人と一緒に初詣に出かけるという人も多いですよね。カウントダウンと初詣をセットにしている方達も多いようです。

そして今年は年号が令和に変わってから最初の記念すべきお正月です。いつもは行かないような方達も今年は縁起にあやかり初詣に行っている方やこれから行かれる方も多いのではないでしょうか?

そこで覚えておきたいのが、初詣の正しいマナーです。この昼職コレクションをみてくれている方は、キャバ嬢や風俗嬢、ラウンジ嬢をはじめとした夜職女性の方が多いと思いますが、昼職の会社や企業、お店などでは、正月休み開けに会社全体で初詣に行ったりするところも珍しく無いようです。

これから昼職への転職を考えている夜職女性なら、昼職へ転職したときに恥ずかしい思いをすることが無いよう、昼職になる前に、きちんとしたお参りの仕方を身に付けておきたいものです。

そこでオトナ女性なら覚えておきたい、初詣のマナーや初詣に関する知識、願い事の仕方についてご紹介します。

初詣はどこに行く?

さてお正月になり、「初詣はどこに行こうか?」と友達や恋人と話をし、お参りというより新年のお出かけ感覚で、神社やお寺の人気ランキングを眺めている人もいるかもしれません。

ここで注意したいのは、初詣とはそもそも、地域の守り神である氏神様(神社)、自分の家が先祖代々檀家になっている菩提寺に行くものだということです。有名な神社やお寺に行きたいと思っている人は、初めに氏神様や菩提寺にお参りしてから行くようにすると良いでしょう。

とはいえ、現代では神社、お寺との結びつきが薄れている家も多いので、初詣は好きなところに行くという人が増えているのも事実です。縁結びや良縁成就など特にかなえたいお願いがあるなら、その分野でご利益があると評判の神社に行くのも良いでしょう。

また、「初詣に行くのはお寺ではなく神社」と思い込んでいる人がいるかもしれませんが、神社でなければならないという決まりはありません。実際に首都圏でも、成田山新勝寺、川崎大師・平間寺、浅草寺と大きなお寺に毎年、大勢の人が初詣に訪れています。

初詣はいつまでに行くのか?

できればいわゆる”三が日”と言われる、三が日(1月1日~3日)、遅くとも松の内にお参りすると良いでしょう。お札の中には、この期間にのみ授与されるものもあります。松の内とはお正月の松飾をしている期間のことで、地方による違いもあり、一般的に関東では1月7日まで、関西では1月15日までとされています。

初詣は誰と行くものなのか?

初詣に行く相手に特に決まりはありません。誰と出かけてもOKですが、一家の代表として家族の分までというのは実はNGなのだそうです。自分自身のお参りは自分でするのが基本とされているようです。

ただし、喪中は初詣に行かないものなので、代理の人に参拝を頼むことはあります。病気などで入院されていたり、事情によって代理も大丈夫です。

 

作法をしっかり守って、記念すべき新年は初詣で、幸せな一年の始まりを

初詣はお正月のビッグイベントではありますが、しきたりやマナーを知らないまま不作法にお参りをしていると恥ずかしい思いをすることになります。

神社やお寺の厳かな雰囲気を味わい、作法の通りに心に定めた目標、望みをお願いしてみましょう。幸福な一年の始まりにふさわしい、印象的なお出かけとなるはずです。

せっかく記念すべき令和初のお正月なので、しっかりマナーを把握してから初詣で今年1年を祈願しましょう。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ