MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

不採用が連続した際に見直すべきポイント

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 不採用が連続した際に見直すべきポイント
2021/10/08 (金)

不採用が連続した際に見直すべきポイント

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職への転職を強く決意しても、不採用の連続では気分も下がってしまいます。応募した会社が全滅、なんて事態を迎えれば転職活動を継続するかも悩ましいですよね。けれども落ちた時こそ自分を見つめ直すチャンス。一か八かで臨むのではなく、採用を勝ち取れるような動き方をしましょう!

一般の就活生も、夜職から昼職へ転職するナイトワーカーも、応募した会社を全て通過する人などめったにいません。どんなに有能な人材でも不採用通知をもらった経験はみんなあるはずですから、落ちる=すべてがダメといったことはないのです。もし書類や面接でうまくいかなくても、諦めずにどんどん次へ進んでいってほしく思います。

 

しかし応募してもしても、不採用の連続・・・と負のスパイラルにハマってしまった場合は、あなたの書類の書き方や面接の内容を見直す必要があるでしょう。

もしかすると転職活動に少し時間を置いた方がいいケースもありますから、むやみやたらに応募するのは考えもの。もし不採用通知が何社も続いてしまったのなら、一度原点に返って自分自身を見つめ直してみてください。

 

希望する業界に入れなかった場合

働きたい仕事のジャンルが決まっており、会社を絞って転職活動を行ったケースです。ブライダル業界、アパレル業界、美容業界、ゲーム業界などなど、「絶対にこのジャンルが良い!」とこだわりを持つ人も多いものです。業界を決めて転職活動を行うと応募する企業も決めやすく、必要なスキルの把握もしやすいメリットが。

目標へ向かって邁進するだけなので、この手のタイプは採用が決まることも実は多いのです。

 

けれども全員が全員、必ず入社できるか?と聞かれれば・・・残念ながらそうではありません。働きたい業界が決まっているのはとても素晴らしいことなのですが、結局スキルや経歴が伴っていないとふるいにかけられた時落ちてしまうパターンもあります。

きっと熱意は十分にあるでしょうから、落とされる理由としては経験・技術不足である可能性大。アパレルなどの場合はブランドイメージに合っていないなどの理由が考えられますね。

 

しかしここで諦めてしまうのはNG!どうしても働きたいのなら技術やスキルを磨けば採用率はアップしますし、努力次第では再面接で受かることもありますよ。元々熱意があるのなら希望がゼロではないため、どこかには必ず入社できるはずです。

何社も連続して落ちたのなら技術を高める期間を設けるか、雇用形態にこだわらず職探しをするか、などの工夫を。やる気がある以上あなたを欲する企業は必ずありますから、腐らずに前へ進んでください。

 

手当たり次第に応募して全滅した場合

特に希望する企業も職種もなく、アレコレ応募したけど全滅したケース。これは先ほど説明したケースよりも原因を考えるのが少々大変です。なぜならやりたいことが明確でないため、自分自身でも何が間違っているのかをじっくり考えることができません。

 

「面接のあの部分でこういえば良かったな」「もしかするとこのスキルが不足しているのかも?」など、ある程度の原因追及は大切です。理由もなく消化試合のように応募していては、落ちた時の反省ポイントがあまり思い浮かばないはず。

希望する職種がなくても、まずは受けるジャンルを少し絞りましょう。全てバラバラでは面接を受けるあなたも大変ですし、やる気も不思議と起きてこないものです。「とりあえず昼職に転職できればいい」だけでは続かないことも多いので、興味のある企業をピンポイントで選んだ方がうまくいきやすいですよ。

 

転職活動において“手あたり次第”というのは、実はいいことではありません。気分が乗らないと面接でも失敗をしやすいので、少しでも気になるジャンルや企業を探してみてください。

 

二次選考になると通らない場合

「書類は受かるのに面接で落ちる」、そう嘆くナイトワーカーさんがかなり多いんです。第一段階はクリアしたということですから、この場合は面接の仕方を見直すことが必要でしょう。

 

「会ってみたら思っていたイメージと違っていた」ということもありますが、面接でうまく自分の気持ちを伝えられない、話に一貫性がないと確実に落とされます。熱意を相手に伝えるって、そう簡単なことではないんですよね。

ぶっつけ本番で色々説明しようとすると、よほど話し上手な人でない限り失敗します!面接前に要点をまとめておくか、しっかり練習をしないと伝わるものも伝わりませんよ。

 

また内容に問題がなくても面接時のマナーがなっていないことも考えられます。面接の部屋にノックもせず入った、「どうぞ」と言われていないのに勝手に座った、身なりに清潔感がないなど、考えられることはたくさん。書類が受かり、二次選考までしかないのならあと一歩です。せっかくやってきたチャンスは逃さないようにしましょう。

 

不採用の連続でも落ち込まずに頑張ろう

なかなか転職先が決まらないと気分も下がってしまいますが、簡単にあきらめてしまってはいつまでも夜職を卒業できません。昼職に転職すると決めたのなら、最後まで根性を見せて頑張りましょう。よほどやりたいお仕事なら悔しい思いをエネルギーへと変えられるはずです。

今一度自分の行いを見つめ直し、次回は失敗しないよう心がけてみてください。あなたの就職先が無事に決まることを願っています☆

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ