MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

一般の転職エージェントと夜職向けは何が違う?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 一般の転職エージェントと夜職向けは何が違う?
2020/08/04 (火)

一般の転職エージェントと夜職向けは何が違う?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆転職の際に、昼コレのような「ナイトワーカー向け」のエージェントにするか、一般向けのものにするか悩んでしまいますよね。違いについてご説明いたします☆

一般の転職エージェントで有名なものと言えばDODAやマイナビなどが思い浮かびますよね。昼職未経験だとまず就職の仕方も分かりませんから、エージェントに依頼しようと考えることでしょう。しかし一般向けとナイトワーカー向けとでは、対応の仕方もずいぶん変わってくるように思います。

どちらを使えばいいのかは個人の自由ですが、昼職未経験、右も左も分からない、偏見の目で見られるのはちょっと・・・という方は、迷わずナイトワーカー向けのエージェントを選びましょう!

 

一般向けエージェントだと・・・

一般向けの転職エージェントは紹介件数が非常に多いです。実績もありますから信頼が大きい部分は最大のメリット。クライアントも信頼して依頼しているので、転職活動を安心して行うことができます。近頃は転職が当たり前という文化になりつつあるので、転職エージェントを利用して転職を成功させる人も山ほどいるのだとか。

 

しかしあくまで一般向けのエージェントは、夜職のことにあまり理解がありません。昼職勤務の方を前提として話を進めていくために、ナイトワーカーを取り扱っている実績がないのです。夜職の子を昼職に!と努力するくらいなら、昼職→昼職に転職させた方が簡単。

特に昼職未経験なら、経歴を見ただけで「紹介できる案件が今のところはないかもしれません」など、断られる可能性も高いですね。これは元昼職のナイトワーカーも同じで、空白の期間が長いほど同じことを言われてしまうはず。技術や資格があるならまた話は別ですが、あまりナイトワーカーには向いていないのが現状です。

 

夜職向けエージェントだと・・・

夜職向けのエージェントなら、まず過去の経歴を気にしすぎる必要はありません。スタッフは毎日ナイトワーカーを相手にしているので偏見の目など持っていませんし、そういった女の子たちを昼の世界へ羽ばたかせるのがお仕事です。夜職ということに負い目を感じてしまっているのなら、迷わずこちらを選びましょう。

経歴を隠さずにいられるって、精神的にずいぶんとラクになりますよね。「バレたらどうしよう」などとビクビクする必要もないので、伸び伸びと転職活動が行えるはずです。またナイトワーカーには昼職未経験の方も多くいるので、そういったケースにも対応してもらえるでしょう。

ただし一般向けのエージェントよりかは、やや紹介件数が少ない、実績が劣るなどのデメリットが。ナイトワーカー向けのエージェントはここ数年で一気に増えたため、まだ実績が少ないのは仕方がないのかもしれません。

 

上記のことから、やはりナイトワーカーは専門のエージェントを使うべきだと思います。余計な説明は必要ないですし、スタッフも手慣れているので夜職に対しての理解がない!なんてことはありません。昼コレももちろんナイトワーカー向けのエージェントですので、お気軽にご相談くださいね☆

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ