MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

一生風俗で食べていくことはアリなのか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 一生風俗で食べていくことはアリなのか?
2020/07/08 (水)

一生風俗で食べていくことはアリなのか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆ちょっとしたお小遣い稼ぎのつもりが、いつしか本業になっていた・・・ナイトワーカーには最も多いケースですね。特に風俗は出勤日数もそう厳しくないため、アルバイト感覚で始める人がほとんど。しかしいつしか本業になってしまった時、果たして一生続けることはできるのでしょうか?解説していきますよ☆

夜職の中でも離職率が高い風俗。飲み屋さんはもちろんですが、風俗店も毎日のように新人が入店してくるのです。入ってきた分、やめていくといった感じでしょうか。

特に風俗は入店初日から稼げるため、「キャバクラよりももっと高いお給料がもらえた!」と驚いてしまうこともあるでしょう。そして風俗の世界でどっぷりと浸かってしまうのです。

 

キャバクラで日給10万クラスだと相当売り上げなければなりませんが、風俗はフリー客を相手にするだけでもお金が入りますよね。

そこでずっと風俗を続けよう!と考えてしまう人は多いのですが、残念ながら性産業で一生食べていくことはとっても難しいのです・・・。

 

旬が過ぎると・・・

風俗と飲み屋の決定的な違いは、新人が武器になるかならないかです。飲み屋も新人好きのお客様は一定数いますが、接待などの場面で活躍してくれるのはやはりベテラン。キャバクラやクラブは新人よりも、ある程度お仕事ができる人が好まれる傾向にありますよね。

しかし風俗となれば、若ければ若いほど、経験が浅い子ほど好かれます。もちろんソープランドなどテクニックを必要とするお店なら話は別ですが、それでも「若くて可愛くてテクニックのある子」が人気であるのは確かでしょう。

 

風俗嬢を続けるデメリットは、年齢の旬が過ぎると一気に稼ぎが落ちてしまうことです。30歳を過ぎると若者向きのお店にいることが難しくなり、移籍を促されることもあるのだとか。

そうなるとよほど若々しい見た目でない限り「人妻」「お姉さん」系のお店に回されます。年上系のお店も人気はありますが、やはりニーズが絞られてくるでしょう。となれば懸命に指名客を繋ぎ留めなければ、稼ぎは大幅に落ちてしまいます。

 

サービスがハードになる

これはどうしても避けられないことなのですが、年齢を重ねるとハードサービスに移行しなくてはなりません。基本的に40代以上の女性は衛生器具を着けずにお仕事をするなど、条件が厳しくなっていくのです。若さが売りにならない以上、他でカバーしていくしかないということですね。

となれば病気の危険性も高くなりますし、体力的にもキツくなっていきます。風俗を続けたいのなら生半可な気持ちでいては務まりません。それ相応の覚悟をしなくてはならないのです。

 

風俗をある程度の年齢まで続けるのなら、先を見据えなくては失敗してしまいますよ!

ハードサービス等が嫌で、昼職に転職を考える女性も多いです。もし気になることがあれば、お気軽に昼コレスタッフまでご連絡ください☆

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ