MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

ブラック企業の見極め方3〜求人の暴き方編〜

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > ブラック企業の見極め方3〜求人の暴き方編〜
2019/11/04 (月)

ブラック企業の見極め方3〜求人の暴き方編〜

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆今回はブラック企編コラム第三弾!求人に隠されたカラクリを暴いちゃいます。わざと分かりづらい求人内容を載せ、働き手を集める悪質な企業が後を絶ちません。引っかかって嫌な思いをしないよう、きちんと対策しましょう!

危ない企業の特徴①業務内容があいまい

求人を見ても、一体何の職業か分からない場合はブラック企業の可能性があります。「コンサル」「アドバイザー」「カスタマー」等とやたらと横文字を使っている場合は特に要注意です。これらはよく使われる言葉ではあるものの、実際にちゃんとした意味を説明できる人って多くないですよね。カタカナを使って“それっぽく”見せているだけであり、実際は想像している仕事内容とは大きく異なる可能性も考えられるでしょう。

 

例えばブラック企業での「コンサル」や「アドバイザー」は飛び込み営業を差し、「カスタマー」とはクレーム対応係を意味する場合も!

確かに飛び込み営業で商品の提案をすることは「コンサルティング」であり、「アドバイザー」であることに間違いはありません。「カスタマー」もカスタマーサポートのことですから、企業側からすればウソはついていない・・・ということでしょう。

けれどもパッとこの文字を見れば、業務内容とは少し違うものをイメージするはず。面接に行ってみて驚いてしまう人もかなり多いのです。

 

横文字をズラズラと並べればカッコよくも見えますし、本当の意味を分かっていない人を引っ掛けやすいのです。ハッキリと飛び込み営業やクレーム処理、と書けば人気の低い職業であり、。人が集まりづらいですからね。

またこうした企業の飛び込み営業は膨大なノルマを課せられるケースが。クレーム処理も件数がかなり多かったりと、ハードワークの可能性大です。だからこそ離職率が高く、少し内容を盛ってまでも人を集めたいのでしょう。

 

こうしたカラクリは面接に行くまで分からないことが多いので、早い段階で気付いておきたいものです。とりあえず職選びに迷った時、業務内容がハッキリと分からない企業は絶対に避けましょう。

 

危ない企業の特徴2☆採用のハードルがやたらと低そう

昼職を経験したことがない場合、「未経験歓迎」といったフレーズで仕事を探してしまいがちです。そこで目に付くのが採用のハードルが低そうな会社。

 

  • 未経験大歓迎!
  • 学歴不問
  • 年齢不問

 

この言葉を見ただけで「私にならできるかも」と思ってしまいますよね。ですがこの3フレーズが非常に危険なんです。

 

「未経験歓迎」はどの業種にも書かれているため、一概にその部分だけでは判断できません。しかしあまりに「歓迎」を強調している場合、ただの人手不足という事態が考えられます。普通は教える手間が省けるので、経験者の方が良いに決まっていますからね。あくまで未経験の受け入れが整っていても、そこだけ強調するのは少しおかしな話です。

「未経験OK」「誰でも活躍できます」とハードルがかなり低そうな場合、高い賃金が望めない、あまりやりがいのない仕事かもしれません。

 

そして学歴も年齢も全て問わないのは完全に怪しいでしょう。「人が足りないから誰でもいい感」がプンプンと漂ってきますね。生命保険など40歳からでも採用する職業もありますが、大抵の求人は18歳~35歳までが一般的。未経験活50代もOkなら、なお怪しいと思われます。

人が足りない=すぐ辞める=辞めるほどのブラックさ、という等式があっさりと成り立つので、「誰でもいいから募集している」雰囲気が強い場合は危険ですね。あまりにも採用基準が低すぎるような企業は辞めましょう。入社のハードルが低くとも、その後に辛い思いをしてしまうかもしれません。

 

危ない企業の特徴3☆みなし残業の記載

まず「みなし残業」とは、お給料の中にあらかじめ残業代を含めておくこと。会社によりますが「月30時間分の残業代が給与に含まれている」なんてことも。なので30時間を超えるまでは、いくら残業しても残業代がつかないというシステムです。みなし残業の上限は一カ月で45時間ですから、月に上限MAXで含ませている会社も存在します。働き方改革によりずいぶんと改善されましたが、まだこのような「みなし残業」を扱う会社が多いのが現状です。

 

そのため求人に記載があるなら要注意!みなし残業が当たり前の会社というのは、残業が日常化しているからです。その場合定時で上がりづらい空気が流れていたり、みなし分をわざと超えさせようとダラダラと仕事をする社員がいたりと、とにかく労働環境が良くありません。

「月に30時間分含まれてるなら、それを超せばいいや~」と、意味もなく会社に残る人も。会社も超過分を支払わないわけにはいきませんからね。結果的にそういった考えの人が集まれば、仕事の効率は当然落ちます。

どうせ残ってやればいい、の精神が身についていますから時間内に仕事を終わらせる考えがまるでないのです。そして残業が日常化していく、という負のスパイラル・・・。既存社員はずっとそのやり方で通しているかもしれませんが、新入・中途社員からすればいい迷惑な話でしかありません。

 

最早みなし残業のために働いている人もいますので、会社全体がそんな空気だと働きづらいはず。定時に帰りたかったとしても「あれ、帰るの?」と言われ、引き留めに遭ってしまえば良い気分はしないですよね。

こればっかりは入ってみないと分からないところもありますが、みなし残業の記載分によりある程度は推測ができるはず。30~45時間などが含まれている企業はあまりオススメができません。

 

求人を読み解いて良い企業に出会おう

いかがだったでしょうか?ブラック企業の読み解き方が理解できたかと思います。求人で全てを見抜けない部分はありますが、ある程度の判断は出来るのでぜひ参考にしてくださいね。ポイントは夜職の求人でも「?」と思う部分は、昼職でも同じような感じということ。

ブラック企業に引っかからず、素敵な転職ライフをお過ごしくださいね!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ