MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

フル出勤をしていると昼職でも有利です

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > フル出勤をしていると昼職でも有利です
2020/09/12 (土)

フル出勤をしていると昼職でも有利です

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆昼職に転職をするにはスキルや資格も重要となっていきますが、最も必要なのは心意気だと思っています。やる気がなかったり、週5日通えるクセがついていないと途中で挫折してしまうケースも。フル出勤をしている方はなぜ転職に有利なのか?解説していきますよ☆

皆さんは夜職にてどのようなシフトを組んでいるでしょうか?店休以外は出るという「フル出勤」の方や、最低4日は出勤すると決めている人もいるでしょう。週5日きちんと働けるナイトワーカーは昼職に移っても「ほぼ毎日働く」ということを知っているので、転職を行っても成功する場合が多いようです。

働くクセが身についていると平日の週5日出勤も苦と思わないでしょう。この”クセ”は転職後、大いに役に立つんですよ!

 

週5日働けない女の子たち

夜職は自由出勤・フリーシフトを謳っているため、そこまで出勤にうるさくないお店が多いです。特に風俗店は「月に◎日出勤して」という縛りがほぼないので、週1日出勤でも在籍は可能。気が乗らない週は2日程度しか働かないなど、随分と自由な生活が送れることでしょう。

キャバクラに関してもそうで、売り上げさえあれば出勤日数が少なくとも口うるさく言われません。担当の面談にて「もう少し出て欲しいな~」と言われる程度で、ちゃんと仕事をしていれば強く咎められることはないのです。

そのため夜職出身の女の子たちは、週5日間またはそれ以上働けないことも多いですね。気まぐれでシフトをいれることや当欠も簡単にできるため、「毎日働く」という概念が薄れやすいのです。

 

フル出勤できると昼職に対応しやすい

職種にもよりますが、多くの昼職は週5日の平日、毎日出勤しなくてはなりません。そのためフル出勤をするナイトワーカーは「毎日働くこと」ができるので、昼職に転職しても勤務に対して苦痛を覚えることは少ないでしょう。お店に毎日顔を出せる人・出せない人、この差はずいぶんと大きいです。

気まぐれで休んだりシフトを入れる人に対し、出勤スタイルが確立しているため「起きる・準備・仕事」というルーティーンをきちんと持っている・・・これは転職後も強みとなり、十分昼の世界でも対応できるはず。夜の仕事をするとこの「ルーティーン」を保つことが難しくなってくるのです。

 

まず毎日働けない方は少しでもシフトを増やし、仕事をしっかりすることを感覚で学びましょう。週5日働いたことがないと、いきなり正社員としての勤務は苦しくなりますよ!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう! qrコード
>>> LINE@で友達になってお得な情報をGETしよう!
dariame salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ