MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

高収入を期待できる!?ノルマありの昼職ってどんな仕事があるの?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > 高収入を期待できる!?ノルマありの昼職ってどんな仕事があるの?
2019/12/30 (月)

高収入を期待できる!?ノルマありの昼職ってどんな仕事があるの?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職の女の子は常にノルマと隣り合わせの生活。あえてノルマを設けないお店も増えましたが、なんだかんだ売り上げや指名に対する圧力は消えないため、どこも「実質ノルマあり」といったところでしょう。実は昼職でもノルマを課せられる仕事はあるんですよ。目標があるほど燃えるタイプの人は、こういったたお仕事も視野に入れるのはいかがでしょうか?

営業系は基本的にノルマあり

聞いたことがあるかもしれませんが、営業マンはどこの会社もノルマを課せています。特に代表的なのは保険外交員の仕事でしょう。歩合でお給料が決定するため、契約を取れば取るほど収入がアップする仕組み。夜職と似たようなシステムですから、やる気がある人ほど稼げるのは魅力的ですよね。

ただし保険外交員のリターンに関しては会社によりけりだそう。ハイリスクハイリターン(ノルマがキツい分返ってくる金額も大きい)な企業もあれば、ローリスクローリターン(ノルマがない、または緩いものの見返りがそこまでない)なこともあるので、入社する会社によってずいぶんと異なります。

ただし基本給はどこも少なめなので、契約が取れねば話になりません。「実質ノルマあり」のようなところも、夜職とはかなり近いものを感じますね。

 

またメーカーや車の営業、不動産営業、コールセンター(アウトバンド系)もノルマが課せられることが多いようです。これらの職業も大きく稼げる可能性を秘めており、

 

営業系以外の職業だと?

実は銀行員や証券系、郵便局員、サービス業にもノルマが設定されているケースもあります。

 

あまり郵便局員のノルマは知られていませんが、年賀状の販売件数や保険、定期預金の加入者の最低ラインを定められたりするんです。職業柄郵便局員は営業以外の業務があるものの、これらのルールを設けられているのには驚きですよね。年賀状を送る人も年々減っているため、「ノルマを達成するのが難しくなっている」といった声もあります。

 

またサービス業でノルマと言えば、代表的なものはアパレル。最近はノルマなしのところも増えましたが、百貨店等に入っているハイブランドはかなり目標設定がキツいようです。アパレルスタッフは「個人売り」という名目で、一日にどのくらいの金額を売り上げたか?という成績をつけられる会社も。

例えノルマがなくとも個人売りの数値が悪ければ社内評価もどんどん下がっていきます。「ノルマなし」と書かれていながら圧力をかけられる、そんな夜職とは非常に似ていると言えるでしょう。

 

ノルマありの仕事は辞めた方が良いのか?

「あの仕事はノルマがあるからやめたほうがいいよ」なんて声もあるかもしれません。しかしノルマがあるからこそ頑張れる!というタイプの人は、挑戦してみるのもアリでしょう。「ノルマあり」と聞くと一見気が引けますが、実は様々な魅力があります。

 

まず一つ目は、やはり自分の成績がお給料にそのまま反映されること。夜職と同じで、頑張りがダイレクトに収入と直結する・・・という点ですね。頑張れば頑張るほどお給料が上がるので、モチベーションアップにも繋がります。特に保険外交員、不動産は年収一千万も夢ではありません。それ以上稼ぐ人も多いですし、契約さえ取れればあまり年齢を問われないのも、転職組には嬉しいポイントではないでしょうか?

また売り上げがきちんと立てられる人は社内の評判も上がるので、仕事がしやすいことでしょう。いずれはトレーナーやマネージャーなどの役職を与えてもらえる可能性もあり、プラスで役職手当がつけば更に収入も上がります。お店のナンバーワンやランカーさん達のようなものですね(笑)

 

とにかく高収入を狙いたい、仕事を本気で頑張りたい、長く続けられる職業を探している人には向いているでしょう。人に使われるといったよりかは自分で道を切り開いてくのが重要ですから、夜職とあまり変わらないお仕事を探している時にもオススメです。

 

ただしプレッシャーとは常に隣り合わせ。売り上げが悪いと上司の目も気になりますから、安定するまでは少々苦労が絶えないかもしれないですね。ノルマが何か月も達成されなければ仕事の仕方を聞かれますし、圧力が強い会社なら上司から叱責を受けることは確実。夜職も売り上げ・指名との戦いですので、それと全く同じ緊張感であることは間違いありません。

どこの企業も達成できないノルマを押し付けてくることはほぼありませんが、どれでも沈む月が必ずあるはず。そこをどうこなしていけるか?が重要なカギとなってくるでしょう。このプレッシャーや緊張感に昼職でも耐えられるか?というところが、難点だと言えます。

 

ノルマや圧力に耐えきれなくて夜職を卒業したい人にはあまり勧められません。

 

やりがいを見出すならぜひ挑戦してみて!

自分の実力が目に見えて分かるお仕事ですから、やりがいはあります。給与明細を見て「今月も頑張った!」となるタイプはぜひ、こういう職業も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

昼コレではノルマあり・なしの営業系の求人がいっぱい!昼職を考えている・転職するか悩んでいるのなら、ぜひ昼コレスタッフにお声がけ下さいね。

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ