MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

ナイトワーカーが「常識がない」と言われてしまう理由とは?パート①

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > ナイトワーカーが「常識がない」と言われてしまう理由とは?パート①
2020/06/28 (日)

ナイトワーカーが「常識がない」と言われてしまう理由とは?パート①

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職をしていると、昼の世界の人から常識を知らないと言われ、腹が立つ瞬間もありますよね。全員が全員そうとは限りませんが、中には年金を一度も払ったことがないという人も・・・。こういった現実が「常識がない」と言われてしまう原因なのかもしれません。

その①税金関連はノータッチ

近頃はちゃんと確定申告を行う人が増えましたが、まだまだ納税について関心がない、知らない、というナイトワーカーも多いです。

以前はよりグレーな世界でしたから、納税もせずメディアに出演し、後から追加徴税を請求された・・・なんて恐ろしい話も多数ありました。

世の中の一般的な意見からすれば「稼いでいるくせになんで税金払わないんだ!」といった感じ。ただ稼いでいる、いない関係なく、きちんと申告をすることは義務なのです。

 

また収入があるにも関わらず、年金を払わず滞納し続けているなんて話も。社会人として税金関連のことをしっかり行うのは当たり前のことですよ!

 

その②一般的な価格相場を知らない

収入が多くなるにつれて、金銭感覚が狂ってきてしまいます。それに伴い、一般的な価格の相場を全く知らないというケースも。

普段電車に乗らないため、都心に住んでいるのに電車の乗り方が分からないといったツワモノも。となれば当然、電車賃なんて知らないですよね。

 

他にもランチで3000円は安い、ディナーで一万円を下回るのはあり得ないなど、昼職の人が聞けば驚くような発言です。

こうした金銭感覚の狂いも、「常識がない」と言われる原因となってしまうのでしょう。

 

その③遅刻やドタキャンを平気でする

夜の世界は遅刻や無断欠勤はお金で解決する世界です。売れっ子でも勤務態度がだらしないナイトワーカーもいますが、罰金さえ払っていれば売り上げがある以上、店は何も言いません。

となると遅刻癖やドタキャン癖がついている人も多く、約束の時間に平気で一時間以上遅れてくるなんてことも!

 

社会人として決められた時間に到着しているのは当たり前のことです。普段からお金で解決していると、こうした「相手の迷惑」などが考えられなくなってしまいますよ。

 

パート②へ続きます!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ