MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

ドレスじゃなくても体は冷える!温めながら快適な昼職ライフを送ろう

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > ドレスじゃなくても体は冷える!温めながら快適な昼職ライフを送ろう
2020/01/13 (月)

ドレスじゃなくても体は冷える!温めながら快適な昼職ライフを送ろう

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆夜職はドレスを着て仕事をするのが普通です。冬は体が冷えやすく、非常にツライ時期ではないでしょうか。昼職の冬場は暖房の効いた環境で、長袖を着用ですが・・・それでも体が冷えてしまう事も!!ドレスを着ていずとも“冷え”は女性の大敵です。転職後も温活を心がけ、快適な日常を送れるようにしましょう!

ナイトワーク時代、パンパンのアイスに冷たいドリンクで体を冷やすキャストさんは多かったでしょう。筆者は冷たい飲み物が苦手で、ドリンクをオーダーするたびに「寒い・・・」と思っていました。特に冬場は苦行にしか感じられなかったですね(笑)

 

お店によってはカフェラテやコーヒーなどホットのドリンクを用意しているところもありますが、なかなか指名の席以外でホットドリンクを飲むのは勇気がいること。フリーの席で「温かいお茶ください」と言えば、お客様も驚いてしまうことでしょう。それに飲みキャラになってしまうと、尚更ソフトドリンクは頼みづらいのではないでしょうか?

ただでさえ薄着なのに、冷たい飲み物ばかりを口にしては体にも良くありません。お酒を飲み過ぎた翌日にお腹を壊すタイプは、冷えが関係していることがほとんどなんだそう。

 

筆者は昼職に転職後、「あの冷たいドリンクをもう飲まなくていいんだ」と少しほっとした記憶があります。しかし昼職に就いてしばらく経つと、「アイス満タンのドリンクを飲まなくても寒い!」と感じる事が増えてしまいました。

 

その理由一体、何なのでしょうか?

 

座り仕事は体が冷える!

暖房ガンガンの環境で延々と座り仕事をしていると血流が悪くなってきます。全身の血の巡りが滞ればむくみや肩凝り、首凝り、疲れを誘発するでしょう。デスクワークは正直なところキャバクラより動かないので、血流の悪さや代謝が落ちるのは明確。結果的に“動かない”ことで寒さを覚えていたのです。

 

ホステスやキャバ嬢も座り仕事なのですが、人と会話をしてリアクションをする、大笑いする、席から席へと移動する・・・と、実はエネルギーを使っているんですよね。高いヒールを履いてフロアをあちこち動き回っていれば、意外とカロリーも消費されているもの。

ですが座り仕事となるとどうでしょう。大笑いすることやオーバーリアクションがなくなるだけでエネルギーを使う必要性がなくなってきます。ずっとPCと睨めっこで、頭を働かせているだけでは脳が疲れるだけ。体は動いていないので、消費カロリーは比べ物にならないでしょう。

 

だから代謝が落ちる→血の流れが悪くなる→寒さを感じてしまうんですね。基本○○しっぱなし、と体制を変えないでいれば代謝も落ちやすくなるので気を付けたいですね。

 

昼職こそ温活をしよう

もちろん体を動かす事は大事なのですが、それと同じくらい大切なのが「温活」。足元の冷えを防止するためにブランケットをかける、温かい飲み物を積極的に取る、カイロを貼るなどなど。代謝アップのために辛いものを口にするのもおすすめです。

暖房が効いているから、長袖を着ているからといって油断はできません。むしろ夜職時代よりも着こんで冷えを感じる場合は、大幅に代謝が落ちてしまっているでしょう。そのままにしておくと風邪を引きやすくなったり、疲れを覚える機会が増えてしまいます。日頃から体を冷やしっぱなしでは血流が悪くなるので、職場にいるときだけでなく、常日頃から温めるように工夫をすることが大切です。

 

またキャスト時代とは違いますから、できれば冬場の生足も避けたいところ。くるぶしが冷えると全身に寒さを感じるので、出社の際はストッキングを着用しましょう。それに生足は昼職では「マナー違反」に当たります。薄いタイプで構わないので必ず履いてくださいね。

 

もし早めに仕事が終わる人はヨガ教室やジムに通うのもおすすめ。血流の悪さや運動不足は冷えだけでなく、肩こりや頭痛、目の疲れ、倦怠感、睡眠障害を引き起こします。太りやすくなってしまうこともあるので、体を動かし、温め、快適な生活を送りましょう!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ