MENU

昼職コレクションロゴ

search phoneTEL

03-6908-6388

mail_outlineお問合せ

タトゥーが目立つ場所にある場合、昼職に転職はできるのか?

HOME > ヒルコレ転職ノウハウ > ヒルコレコラム > タトゥーが目立つ場所にある場合、昼職に転職はできるのか?
2021/10/12 (火)

タトゥーが目立つ場所にある場合、昼職に転職はできるのか?

昼コレ女子の皆さん、こんにちは!元ナイトワーカー・現昼職ライターのしらいしあやです☆タトゥーが入っている女の子って、夜の世界では珍しいことじゃないですよね。中には見える箇所にまでびっしり入っているケースもありますが、果たして転職は可能なのでしょうか?解説していきますよ☆

昼職をしていてもタトゥーを入れることが趣味、そんな人は世の中にたくさんいます。基本的にタトゥーがあっても昼職に転職できないことはないので安心してください。もし入社後に入れたとしても、それはあなたの趣味であって娯楽。会社から咎められることなどありません。

 

とは言え首や手の甲、脚のすねなど露出部に入っている場合は、残念ながら職種が限られてしまうことも。見えない場所・隠せる場所なら問題ないのですが、目立ってしまうと選べるお仕事が限られるでしょう。そのことを踏まえた上で転職活動を行って下さいね。

 

なぜ目立つ場所にタトゥーが入っているとダメなのか?

こればっかりは日本人の感覚・・・としか言いようがないため、あまり正当な理由になりませんが。タトゥーが入っている人は必ず感じている“偏見の目”。残念ながらまだまだこの国では、刺青やタトゥーに対する考えが昔のままなのです。

 

最近の10代、20代の間ではファッションやオシャレを楽しむため、自己表現などのために入れる人も多いものの、年配の世代にはあまり受け入れられていないのが現状。どうしてもグレーな印象が抜けないために、タトゥー=良くないと思われてしまうのです。

また人によっては「怖い」という感情を抱いてしまうようで、それがまた良くないとされる原因の一つ。夜職をしているとあまり気にならないことですが、転職をしたいなら昼の世界ではまだまだ偏見があることを知っておく必要がありますね。

 

タトゥーが入っていてもできるお仕事

とは言えタトゥーが目立つ場所に入っていても問題がないお仕事は存在しています。決して転職先がないことはあり得ませんので、その点は安心して大丈夫ですよ!

 

基本的に教育関係、政治関係などは当然NGですが、それ以外なら十分に可能性はあるもの。例えばアパレルなどのファッション関係、美容師ならタトゥーが入っていても採用に影響しません。また人前に出ることのない開発系(IT関係)やコールセンター、工場勤務なども意外と問題はないことが多いそうです。

 

まとめますとタトゥーをファッションや個性として受け入れてもらえる業界、または人前に出る機会がない/少ない業界ならOKということ!そう考えると意外と選択肢は多いのではないでしょうか。

ちなみにフリーランスのプログラマーやWEBデザイナーなどもタトゥーを入れている率が高いです(笑)もし会社に縛られたくない、一定の技術を持っているならフリーで働く選択肢もあるでしょう。

 

タトゥーが入っているとできないお仕事

一般企業のOLや受付、エステティシャン、カウンセラー、人と接することが多い営業職など、隠せない場所にタトゥーが入っている場合これらのお仕事に就くのは難しいです

中小企業の事務員なら可能性はありますが、こればっかりは会社次第。上の人間が偏見の目を持っていた場合は確実に落とされてしまうでしょう。

 

エステティシャンやカウンセラーなどは“清潔感”や“安心感”を求められるので、タトゥーはNG。特にエステティシャンは半袖ですから、隠せないのも採用が難しい部分と言えますね。そして営業職も相手の取引先が大きく関係するお仕事ですから、あまり個性が強すぎると企業や会社の評判に影響してしまいます。

 

このようにタトゥーNGのお仕事、業界も多いものですから、現実は受け入れねばなりません。

 

目立つ場所のタトゥー、隠したら採用はイケるのか?

最近はファンデーションテープなどタトゥーを隠すアイテムも登場されています。もし隠せるのなら使っても構いませんが、入社後もずっと使い続けなければならないことは頭に入れておくべきでしょう。

 

そして社員旅行や宿泊研修がある場合、入浴時や着替えの時にバレる可能性も。「タトゥーが入っているから解雇」なんてケースはあまり見かけませんが、「○○さんタトゥーあるらしいよ」と多少はウワサになってしまうかもしれません。受け入れてくれるような社風なら大きな問題へ発展しませんが、職場に年配の方が多い、真面目な雰囲気の場合は注意が必要です。

 

仮に隠して採用がイケたとしても、後々になって悩ましい問題が出てくることもあるかと思います。その点を踏まえながら隠すのか、それとも隠さず受け入れてくれる職場を探すのか、どちらにするのかを決めてください。

 

タトゥーがあっても転職は可!けれども現実はきちんと受け止めて

タトゥーが目立つ場所にあっても昼職への転職はできます。しかし厳しい現実が待ち受けていることを理解した上で職探しをしましょう。

 

選択できる業界が限られていることをきちんと知っておくことが何よりも大切。あなたを受け入れてくれる職場は必ず見つかりますので、根気強さがカギとなってきますよ!

search 仕事検索 mail_outline お問合せ call お電話
まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう! qrコード
  >>> まずは公式LINE登録してお得な情報をGETしよう!
st salondecode
先人たちに学ぶ!私はこうして変わった

ヒルコレインタビュー

なるほど!読んで為になる

ヒルコレ転職ノウハウ